万年筆 文具

国産万年筆の最高峰! #3776センチュリーの書き味はいかに?

2019年1月9日

 ラミー・サファリ万年筆を手に入れてから、また1本万年筆が増えてしまった。プラチナ万年筆の「#3776 センチュリー 中字」だ。

 3776の数字は富士山の標高に由来し、国産万年筆の最高峰を目指して開発された万年筆である。ここでは「#3776 センチュリー」の特徴や、書き味をご紹介したい。

目次

#3776 センチュリーとは

高級感のあるケース付きだ。

 プラチナ万年筆は、東京都台東区に本社を構える日本を代表する筆記具メーカーである。商品名の3776は、日本の最高峰「富士山」の標高からとった数字だ。プラチナ万年筆が、日本の最高峰を目指して開発したのが「#3776 センチュリー」なのだ。

 定価10,000円台の万年筆の中では特出した性能を持ち、入門用万年筆としてのみならず、万年筆愛好家にも人気のモデルだ。手頃な価格で、すでに2本、3本と持っいる人もいるかもしれない。

 筆者が購入したのは、いわゆる「仏壇カラー」と呼ばれる黒とゴールドのモデルで、中字(Mニブ)だ。万年筆の標準の字幅とされ、凡用性が高い。いかにも万年筆らしいたたずまいで、大人の雰囲気を醸し出しているところが気に入った。

#3776 センチュリーの特徴

大型の金ニブ

 万年筆の書き心地を左右するのは、軸の太さや重量バランスなど、さまざまな要素がある。中でも重量なのが、ニブ(ペン先)の材質だろう。定価10,000円前後の万年筆には、ステンレス製(スチール)のニブを採用するモデルも多いが、#3776センチュリーには14金のニブが採用された。

ラミー・サファリと#3776センチュリーの比較。

 金はスチールより柔らかいため、書き味が滑らかで、長時間使用しても疲れにくいとされている。ただし、ステンレス製よりコストがかかる。この価格帯で大型の金ニブを採用した、企業努力に感謝したい。

スリップシール機構

 万年筆の弱点といえば以下の点が挙げられる。

  • 時間が経つと、インクの水分が蒸発してかすれやすくなる
  • 数週間〜数ヶ月も放置すると、インクが乾いて書けなくなる

 初めて購入した万年筆は「無印良品 アルミ丸軸万年筆」だった。インクカートリッジを変えれば、好きな色を使えるし、値段も手頃で使いやすい万年筆だった。ただ1点を除いては。アルミ丸軸万年筆は、ペン先が乾きやすかった。

 インクを入れて2~3日も放置すると、かすれてなかなかインクが出てこない。しばらくは、万年筆とはこのような物だと思って使っていたが、そうではなかった。

 #3776 センチュリーには、特別なキャップ機構が採用されている。「スリップシール機構」と名付けられた仕組みは、ペン先の機密性に優れ、インクを入れたまま2年間放置しても書けるという。

 万年筆の敷居の高さは、こまめなお手入れが必要なことも要因の1つだろう。しかし、スリップシール機構のおかげで、ほとんどお手入れ要らずで使えるといえる。

万年筆の洗浄やインク交換の方法はこちら

詳しくご紹介! 万年筆へのインクの入れ方|洗浄の方法

手を出してはいけない領域に手を出したのかもしれないーー。 万年筆の本体や紙質のほかに、インクの種類によっても書き味が変わるらしいのだ。「インク沼」への入り口が不敵な笑みを浮かべて待っているーー。 好みのインクを使えるのが万年筆の楽しみでもあるが、初めての人は、インク交換に敷居の高さを感じるかもしれない。しかし、手順通りに進めれば簡単な作業である。 ...

#3776 センチュリー 中字の書き味

#3776 センチュリー

 比較対象は、無地良品のアルミ丸軸万年筆と、ラミー・サファリだ。使用するノートは、ミドリのMDノートで、インクはラミーのブルーブラックである。(無地万年筆はペリカンカートリッジ)

 万年筆の書き味は、ヌラヌラ、サラサラなどの擬音で表現されることが多く、筆者のはのように感じている。

  • 【無印良品】アルミ丸軸万年筆→カリカリ
  • 【ラミー】サファリEF(極細)→サラサラ
  • 【プラチナ】#3776 センチュリーM(中字)→ヌラヌラ

ヌラヌラと滑らかに書ける

 インクフローも良く、かすれることもほとんどない。とにかく滑らかに書け、筆圧が必要なく「ヌラヌラ〜」と書ける。重量は20.5グラムと軽量だが、万年筆の自重で、軽く、素早く書ける印象だ。軸の太さも丁度良く、これなら長文を書いても疲れにくいだろう。

手帳に書き込むにはやや太いかも

写真ではラミー・サファリEF(極細)と字幅に差がないように見えるが、実際には#3776センチュリーの方が字幅がやや広い。それにしても、美しい字はどうすれば書けるのか……。

 気になる点はひとつだけ。凡用性の高い中字を選んだが、ポケットサイズの手帳に細く予定を書き込むには、いささか線が太いかもしれない。その場合は、細字や極細をおすすめする。

MDノートの新書サイズに記入してみた。これ以上、小さなノートに記入するには、中字はやや太いと感じた。

 万年筆のエントリーモデルながら、これ以上の性能は必要ないのではないか? と思わせてくれる1本だ。さすが、日本の頂を目指した最高峰モデルだけある。ラミー・サファリと一緒に毎日持ち歩いて、とことん使い倒したい。

created by Rinker
プラチナ万年筆
¥14,300 (2020/07/07 16:21:14時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事

  • この記事を書いた人

Takashi

元靴メーカー勤務の職人、現在はWEBライターとしてアウトドア系メディアで執筆しています。靴業界での10年以上の経験、趣味のアウトドア経験を活かして書きます。大阪府山岳連盟「青雲会」所属・読図ナヴィゲーションスキル検定「シルバーレベル」・2018年「狩猟免許」取得・ランサーズ「認定ランサー」・フルマラソンベスト3時間29分。

\この記事はどうでしたか?/

-万年筆, 文具
-

© 2020 Takashi Blog Powered by AFFINGER5