鶴見緑地公園

ライフ

鶴見緑地公園で季節の花々を楽しむ散歩

2020年5月25日

 私の住む大阪府でも緊急事態宣言が解除された。とはいえ、新しい生活様式を取り入れ、感染拡大への警戒を怠ってはならない。

 ひとまず3密を避けられそうな都市公園の散策に出かけてみた。ここでは、大阪府の代表的な緑地『鶴見緑地公園』をご紹介したい。

鶴見緑地公園とは

鶴見緑地公園

 鶴見緑地公園は、大阪市の中央部、大阪市鶴見区から守口(もりぐち)市にかけて広がる緑地公園だ。

 総面積は約120ヘクタール。園内ではパークゴルフやキャンプ、バーベキュー、乗馬と、実に多彩なアクティビティーを楽しめる。

 1990年には国際花と緑の博覧会(花の万博)が開催され、休日には大勢の人でにぎわう都会のオアシスである。

鶴見緑地公園カメラを片手に散策

鶴見緑地公園

 2020年の春は、多くの人にとってなかったも同然ではないだろうか。そろそろ桜の季節かな、という頃に新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、外出自粛要請、緊急事態宣言が全国で発令された。

 自粛生活を余儀なくされ、気がつけば新緑が眩しい初夏の到来である。この日の大阪の最高気温は28度に達し、どうりで1Lの水筒が空っぽになるわけだ。

 この日は山岳会の同期であり、写真好きの友人と、カメラ片手に園内を散策してみた。

鶴見緑地公園

 鶴見緑地公園のシンボル、風車。オランダから設計図をとりよせて建築されたもので、国際花と緑の博覧会が催される以前よりここに建つという。

 風車の足元には花畑が広がり、チューリップ、ひまわり、コスモスなど四季折々の花で彩られる。現在はヒマワリとペチュニアへの植え替え中であった。夏には一面のヒマワリ畑を楽しめることだろう。

鶴見緑地公園

 風車の丘に隣接するバラ園は見頃を迎えていた。8部咲き、といったところだろうか。園内には約400品種、1900株のバラの花が栽培されている。

 鶴見緑地公園はバーダーに人気の探鳥地としても知られている。北東口の池はカワセミの観察スポットであり、以前訪れた際には、バズーカレンズを構えたおじさん達がシャッターチャンスを狙っていた。

鶴見緑地公園

 この日も友人がカワセミのベストショットを収めるため、持参した600mmレンズを構えてチャンスを待つ。

 そこへ通りかかった地元のおじさんに話かけられた。

 「デカいレンズやな〜。職業か??」

 さすがにバズーカレンズは目立つ。雑談をしていると、どうやら数日前から池が濁っており、カワセミが寄り付いていないとのこと。残念。場所を移動する。

 カワセミを求めて日本庭園や大池周辺を散策する。新緑が美しい。

鶴見緑地公園

 結局この日はカワセミに出会えなかったが、季節を花を楽しめた。カワセミまた訪れればいいだろう。

鶴見緑地公園
日本庭園のスイレンがもうじき見頃をむかえる。
鶴見緑地公園

 園内には3密への注意書きが要所に設置されている。5月25日現在、関東、北海道も緊急事態宣言が解除される見通しだが、今のところレジャー目的の県の往来は自粛が呼びかけられているし、感染拡大第2波に警戒が必要だ。まだまだ気が抜けない。

 しばらくは自粛期間と同様、近所の散歩や公園の散策で様子をみてみよう。山に行ける日も近いかな? 園内の鶴見新山(標高39mの大阪市最高峰の人工の山)のピークで、近くて遠い、関西の山々に思いを巡らせた。

鶴見緑地公園へのアクセス

  • <電車>
  • 大阪市営地下鉄 長堀鶴見緑地線『鶴見緑地』下車 徒歩すぐ
  • <自動車>
  • 大阪市内から:内環状線から花博通へ入り『中央第2駐車場』へ
  • 北大阪、南大阪、京都方面から:中央環状線から花博通に入り『中央第1駐車場』へ

関連記事

  • この記事を書いた人

Takashi

元靴メーカー勤務の職人、現在はWEBライターとしてアウトドア系メディアで執筆しています。靴業界での10年以上の経験、趣味のアウトドア経験を活かして書きます。大阪府山岳連盟「青雲会」所属・読図ナヴィゲーションスキル検定「シルバーレベル」・2018年「狩猟免許」取得・ランサーズ「認定ランサー」・フルマラソンベスト3時間29分。

\この記事はどうでしたか?/

-ライフ

© 2020 Takashi Blog Powered by AFFINGER5