ハウツー 道具

旅の荷物は小さく軽く。江戸時代から変わらない旅の心得とは

 旅慣れた人は荷物が少ないという。自動車や交通機関の旅であっても、多すぎる荷物は煩わしいものだからだ。歩き旅ならその重量は疲労に直結する。だから出発前には”何を持っていかないか”を吟味することが大切だ。そして、この心得は江戸庶民の旅から変わらないのである。

 徳川家康が1603年に江戸幕府を開き、戦乱の世に終止符を打った。その後、約260年にわたる平和な世が訪れた。仕事があり、家族みなが安心して暮らせるようになると、渇望していた幸せな暮らしに刺激を求めたくなる。平たく言えば、飽きてしまうのだな。そうして危険を犯し、旅に出るのは今も昔も人のさがと言えるだろう。

 幕政により街道が全国に整備され、宿場を利用して庶民が旅に出るようになった。江戸時代も中期以降は世情が安定し、『お伊勢参り』という空前の旅ブームが巻き起こる。江戸後期、文化・文政時代(1804〜30)に十返舎一九(じっぺんしゃいっく)のベストセラー『東海道中膝栗毛』が多くの人々に受け入れられ、20年にわたり続編を出せたのも、旅に憧れる庶民が多く、また旅の経験を語る者が増えたからに他ならない。

 文化七年(1810)に出版された『旅行用心集』も、大ヒットを記録した1冊だ。これは著者の八隅蘆庵(やすみろあん)が、「私が旅好きなことを知る人からあれこれ問い合わせがくるが、その都度答えるのが面倒だから、1冊の本にまとめたよ」というものだ。現代でいう『蘆庵さんの HOW TO 伊勢参り』のような、旅のハウツー本である。その中の道中用心六十一ヶ条に、次の一節がある。

旅行に持っていく物は、懐中物のほかは、なるべく少なくしなさい。持ち物がたくさんあるとなくしたりして、かえってわずらわしいものである。

現代訳 旅行用心集 八隅蘆庵 著 桜井正信 監訳

 そして、旅行の所持品は次のとおり。

  • 矢立:筆記具のこと
  • 扇子(せんす)
  • 糸針:修繕用の糸と針
  • 懐中鏡:みだしなみをチェックするための鏡
  • 日記手帳:旅の記録を書くノート
  • 鬢付油(びんつけあぶら):関所の前で髪をセットするための整髪料
  • 提灯(ちょうちん):折りたたみ式の提灯。現代のヘッドライトや懐中電灯
  • ろうそく
  • 火打道具:マッチ・ライター
  • 懐中付け木:火口・マッチ
  • 麻綱:洗濯物を干すためのロープ
  • 印板:印鑑の代わり
  • かぎ:ロープとセットで使う、現代のカラビナに相当するもの

 これらに道中案内(ガイドブック)や財布を加えたのが、江戸庶民の旅の持ち物である。

 いかがだろう。

 江戸後期に出版された本を、現代にすべてを当てはめるのは難しい。だが大筋は現代でも通用し、例えば安宿を利用するバックパッカーの最低限の装備として、上記の所持品リストは現代と大きな違いはないのではないか。

 今回は所持品にスポットを当てたが、旅行用心集には「毎日の身ごしらえは自分ですること」「食べ物に不満があっても、ぐっとこらえて食べること」「風俗や文化の違いから、気分にそわない待遇を受けることもあるものだ」など、旅先のみならず、日常でも心得ておきたい数々の教えが記されている。旅好きの人なら、ぜひ一読してほしい。

 人が生きるための道具は実はそれほど多くはなく、最低限の備えがあればいい。より快適に、より便利に、経済が発展し道具や環境を変化させても、人の本質は変わらないのである。

created by Rinker
¥2,200 (2020/08/07 10:58:33時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥565 (2020/08/07 10:58:34時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事

  • この記事を書いた人

Takashi

元靴メーカー勤務の職人、現在はWEBライターとしてアウトドア系メディアで執筆しています。靴業界での10年以上の経験、趣味のアウトドア経験を活かして書きます。大阪府山岳連盟「青雲会」所属・読図ナヴィゲーションスキル検定「シルバーレベル」・2018年「狩猟免許」取得・ランサーズ「認定ランサー」・フルマラソンベスト3時間29分。

\この記事はどうでしたか?/

-ハウツー, 道具

© 2020 Takashi Blog Powered by AFFINGER5