脱プラスチック、ゼロ・ウェイストの観点から考える、万年筆のメリットや使い方|使い捨てボールペンの代替品

 2019年に初めての万年筆を手にしてから、僕はボールペンを使わなくなった。万年筆は筆圧がいらず、ノートをたくさん取っても手が疲れない。手書きすることで頭の中のモヤモヤがすっきりとまとまる。  デジタル全盛の時代、教科書… 続きを読む 脱プラスチック、ゼロ・ウェイストの観点から考える、万年筆のメリットや使い方|使い捨てボールペンの代替品

2本目の#3776センチュリー |国産最高峰の万年筆

 ついうっかり増やしてしまった。  1本目を手にしたのは2019年1月のこと。プラチナ万年筆「#3776センチュリー M(中字)」に加え、今回手にしたのは同じく#3776のEF(極細)である。 どうやら万年筆という筆記具… 続きを読む 2本目の#3776センチュリー |国産最高峰の万年筆

写真で解説! 万年筆へのインクの入れ方・洗い方

 手を出してはいけない領域に手を出したのかもしれない。  万年筆の本体や紙質のほかに、インクの種類によっても書き味が変わることを知ってしまった。『インク沼』への入り口が不敵な笑みを浮かべて待っている。  好みのインクを使… 続きを読む 写真で解説! 万年筆へのインクの入れ方・洗い方

国産万年筆の最高峰! #3776センチュリーの書き味はいかに?

 ラミー・サファリ万年筆を手に入れてから、また1本万年筆が増えてしまった。プラチナ万年筆の「#3776 センチュリー 中字」だ。  3776の数字は富士山の標高に由来し、国産万年筆の最高峰を目指して開発された万年筆である… 続きを読む 国産万年筆の最高峰! #3776センチュリーの書き味はいかに?