自宅で楽しむ燻製レシピ|SOTO「スモークポット」を使った15分燻製レシピ

SOTO スモークポット

 燻製は野外で楽しむもの。または、お店でしか味わえない手間のかかる料理というイメージがないだろうか。実はちょっとした道具と工夫で、自宅でも簡単に燻製を楽しめるのだ。

 今回は、アウトドアブランドのSOTO(ソト)が手がけた「スモークポッド」を試す。お手軽燻製の定番、チーズ・ちくわ・ソーセージの燻製を作ってみた。

目次

SOTOスモークポットの魅力

SOTO スモークポット

 SOTOは新富士バーナー株式会社が手がけるアウトドアブランドだ。主にバーナーやトーチの製造・販売をしており、「ウインドマスター」や「スライドガストーチ」はアウトドアの定番品として人気を博している。

 スモークポットはキッチンで手軽に燻製ができる、陶器製のスモーカーだ。ふたの違いで2種類、カラーはそれぞれ3色が展開されている。

SOTO スモークポット
  • 寸法:直径約230×高さ約165mm
  • 重量:約1560g(金網、温度計含む)
  • 容量:約1200mℓ
  • 材質:鍋本体:耐熱陶器、フタ:磁器、金網:鉄(クロ-ムメッキ)
  • 付属品:温度計、オリジナルレシピ集

スモークポットは仕上がりが早い!

 スモークポッドは仕上がりがとにかく早い。実際に使ってみてそのスピードには驚いた。

 あらかじめ乾燥した食材なら15分で仕上がる。陶器が食材にしっかりと熱を伝え、鍋の中で煙が効率よく滞留する。だから短時間で燻製が仕上がるのだ。

 このスピードなら晩酌の肴を手早く作れるだろう。急な来客で一品用意したいときも、いいんじゃないかな。友人宅にお邪魔して、”燻製”という立派な肴がでてきたら、株が上がることは間違いない。

温度管理が楽

SOTO スモークポット

 燻製は温度管理も大切な要素だが、スモークポットは温度計が付属しているから管理が楽だ。

 火を通さずに食べられる食材は50〜80度。肉や魚などは80〜120度。温度計を確認しながら火加減を調整しよう。

チーズ・ちくわ・ソーセージの燻製レシピ

用意するもの

下処理なしに、すぐに燻煙できる食材たち。
  • <材料>
  • チーズ
  • ちくわ
  • ソーセージ
  • <道具>
  • スモークポット
  • お好みのスモークチップ

作り方

SOTO スモークポット

 スモークポットに10~30gのチップをまんべんなく広げる。

SOTO スモークポット

 網をセットし、食材をのせよう。食材がくっついた部分は煙がかからないから、適度な間隔をあけること。

SOTO スモークポット

 中火以下の火にかける。煙が出始めたらふたをし、10分燻煙する。

 10分後、食材を確認して、よさそうなら消火する。再びふたをして、3分ほどそのまま燻そう。

SOTO スモークポット

 そして、できあがった燻製はしばらく煙をなじませる。

 スモークポッドは短時間でもしっかり燻煙がかかる。試しにできたてを味見してみたが、さすがに煙のエグ味がきつかった。なるべく、できたての燻製は冷蔵庫で1時間から1日ほど寝かせるのがよいだろう。

SOTOスモークポットのいまいちなところ

キッチン用とはいえ、煙は漏れる

 スモークポットはキッチン用の燻製器ではあるが、煙が漏れる。ご近所迷惑にならないか心配な人は、煙がほとんど漏れない「けむらん亭」をおすすめする。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥23,391 (2021/07/30 12:24:48時点 Amazon調べ-詳細)

少ない食材、小さな食材しか燻せない

 スモークポットはサイズが小さい。一度に燻煙できる量は限られてしまうし、大きな食材も難しい。

 それでも、2人分の肴ぐらいなら対応できる。仕上がりの早さを生かして、数回にわけて燻煙するのもひとつだ。

ガスコンロ専用

 自宅がIHキッチンの場合は、別途カセットコンロを用意しよう。もしくはIH対応の燻製器が必要である。

 スモークポットを使えば、簡単な食材だと15分で燻製が完成する。晩酌のお共にいかがだろうか。手作り燻製で1杯ひっかける——。おっと。こう書きながら、ヨダレが垂れてきそうである。

created by Rinker
ソト(SOTO)
¥5,082 (2021/07/30 12:40:35時点 Amazon調べ-詳細)

燻製レシピはこちらの記事も参考に

燻製の基礎知識とお手軽レシピ

ベーコンの作り方

燻製レシピ

投稿日:
カテゴリー: 燻製