旅行

大阪発、青春18きっぷで“名古屋を食べに”出かける旅.1

 夏休みも終わった。
 世の中が再び、慌ただしく動き出す。
 夏休みの宿題を済ませ、元気に登校する子供たち——そんな声を聞きながら、2020年9月1日、零細フリーランスの気ままな大人が、青春18きっぷでぶらりと旅に出た。

 2020年も早、半年が過ぎた。
 思えばその半分以上がコロナ禍に翻弄されてきた。正月ごろはまだマスクも必要なく、何気兼ねなく外出できたのに——。
 そういえば、正月休みに出かけた某温泉リゾートの半額券が、引き出しの中に眠っている。引っ張り出してみると、コロナ禍で延長された有効期限が目前に迫っているではないか。

 このまま捨てるのは惜しい。今なら感染拡大も落ち着いているし、どこか温泉にでも行こうか。十分な対策を講じれば、出かけても大丈夫であろう。
 温泉リゾートのパンフレットをぱらぱらと繰ってみる。
 なるべく近場で、どこか良さそうな温泉はないか。
 そして目に留まったのが恵那峡だ。

 岐阜県南東部・恵那市は、かつて中山道の大井宿でにぎわい、また雄大な峡谷美を味わえる恵那峡が、景勝地として人気だという。パンフレットの写真を見ると、ホテル浴場の眼前に広がる恵那峡の眺めが素晴らしい。よし、行き先は決まった。

 交通はどうしようか。
 本来なら専用直通バスが大阪から発着し、目的地まで運んでくれる。しかし、残念ながら運休中である。
 ならば青春18きっぷはどうだろう。
 今なら夏季利用期間にまだ間に合うし、乗り継ぎを調べてみると、大阪から恵那まで約4時間と手頃な距離だ。どうせなら途中、名古屋に寄り道して、名古屋名物に舌鼓を打とうじゃないか——。
 いかん、ヨダレが垂れてきた。

 そうして平日の通勤ラッシュに混じりつつ、週の前半から旅することの、少しの後ろめたさと自由を胸に、小さなバックパックを携えて、新大阪駅へと向かったのだった。

トラブルに遭わない旅は旅じゃない?

 ない。
 どこにもない。
 あれ、青春18きっぷって、みどりの券売機じゃ買えなかったっけ。
 駅のきっぷ売り場で慌てふためく僕を横目に、通勤客の波がとどまることなく改札口に吸い込まれてゆく。

 一体、何を慌てているのか。
 券売機のメニューの中を、どこをどう探しても「青春18きっぷ」の項目が見当たらないのである。
 おかしいな、今まで何度も購入してきたのに、どうして——
「ゔぁっ……!」
 何かに気づいたその瞬間、公衆の面前にもかかわらず、僕は声にならない声を発してしまった。
「青春18きっぷの販売、昨日までだった……」
 途絶えることない人波が、僕の旅情を無常にも絡め取り、改札口へと消えていった。

 青春18きっぷの販売期間は、利用期間と少し異なる。2020年夏季(例年ほぼ同じであるが)の場合、利用は7月20日から9月10日まで。しかし販売期間は7月1日から8月31日まで。8月31日までである。

 御愁傷様——。
 どこからかそんな声が聞こえた気がした。
 どうする、旅をやめようか。しかし宿は予約済みだ。そうだ、近くの金券ショップに余った青春18きっぷがあるかも……営業時間外だった。ならばいっそ新幹線はどう。いやとんでもない、これはあくまで鈍行列車の旅なのだ。どうする……。
 仕方がない。
 ひとまず名古屋までの乗車券を購入して、名古屋の金券ショップに望みをかけよう。
 そうして新大阪から名古屋まで、3,410円の乗車券を片手に改札口をくぐったのである。

 誰かが言った。
 トラブルのない旅なんて、旅じゃないと。
 本当なのだろうか。そもそも誰が言ったのだろう。いや、きっとそうに違いない。旅はトラブルあってこそなのだ。もうやけである。

 こうして、旅はいきなりハイライトから始まった。

関連記事

Takashi

元靴メーカー勤務の職人、現在はWEBライターとしてアウトドア系メディアで執筆しています。靴業界での10年以上の経験、趣味のアウトドア経験を活かして書きます。大阪府山岳連盟「青雲会」所属・読図ナヴィゲーションスキル検定「シルバーレベル」・2018年「狩猟免許」取得・ランサーズ「認定ランサー」・フルマラソンベスト3時間29分。

    -旅行
    -

    © 2021 kawaguchi Takashi Powered by AFFINGER5