道具

ご紹介!1泊2日のテント泊の代表的な装備例

 日帰り、泊まり山行共に用意すべきことは多々ある。その中で悩ましいのが、どんな装備を持ち出すか、あるいは何を置いていくかである。

 あると便利な道具は巷にあふれているが、それら全てを装備に加えると、その重さは疲労に直結する。また「持っていったが結局使わなかった」という経験のある人は多いことだろう。

 ここでは、私が1泊2日のテント泊山行に持ち出す代表的な装備をまとめてみた。装備選びの参考になれば幸いである。

ツエルト

 私はテントではなくツエルトを使用している。その理由は、テントに比べ格段に軽いからだ。

 私のメインフィールドである、森林限界以下の樹林帯では、必ずしも山岳用テントが必要とは言えない。もちろんダブルウォールテントの快適さは知っている。それに比べ、ツエルトは不便なところも多々あるが、気になるほどでもない。ならば、なるべく軽く小さい装備を選びたいのだ。ツエルトに関してはこにらの記事を参考に。

created by Rinker
アライテント(ARAITENT)
¥10,450 (2020/10/01 02:24:27時点 Amazon調べ-詳細)

シュラフ・マット

 ツエルトと共に、テント泊山行にシュラフとマットは欠かせない。特にマットは重要で、場合によってはシュラフよりマットのグレードを上げるほうが快眠できる。

 とはいえ、私が愛用するのはシンプルな発泡ウレタンマットと、安価な化繊シュラフである。これらを選んだ理由は、耐久性に優れているからである。

 一般的に、化繊シュラフはダウンシュラフに比べ大きく重たい。しかし、水にぬれても保温力が落ちにくく、耐久性に優れるという長所がある。ツエルトを使用する私には結露の不安がつきまとうが、化繊シュラフなら、仮に結露でぬれてもダメージが少ない。

 ただし、夏の低山テント泊で快適温度0度はオーバースペックだ。夏用シュラフの追加を検討している。

 次にマットだが、私は発泡ウレタンマット1択である。やはり耐久性が、エアー式や自動膨張式マットより格段に高いからだ。

 エアー式や自動膨張式マットは、穴が開けばアウト。それに比べ、発泡ウレタンマットが故障する可能性はゼロに近いのではないか。広げればすぐに使える点も気に入っている。

 唯一の欠点はかさばることだが、それは1気室のバックパックのフレームとしてパキッキングすることで解消される。パッキングはまた改めてご紹介したい。

created by Rinker
ISUKA(イスカ)
¥16,500 (2020/10/01 02:24:28時点 Amazon調べ-詳細)

レインウエア

 低体温症は、たとえ夏山でも悪条件が重なると陥る可能性がある。2009年7月に発生したトムラウシ山遭難事故が、その代表例だ。雨でも晴れでも、体温を守るためのレインウエアは必携装備である。

 私が愛用するのが、モンベルのストームクルーザージャケット。モンベルのレインウエアの主軸製品であり、ゴアテックスによる耐水性と透湿性は世界最高レベルである。

 大雨のトレイルランニングレースや、バケツを返したような雨のふる屋久島で、その実力は実証済み。

バーナー

 お湯を沸かすだけならアルコールバーナーや山専用ボトルで事足りるが、調理をするならガスバーナーが便利だ。ジェットボイルのオールインワンシステムは比較的軽く、湯沸かしの速さは特筆もの。それでいて燃費効率もよく、とろ火にも対応する。

 ガスバーナーを選ぶなら、ジェットボイル以外の選択肢は考えられないほど気に入っている。ジェットボイルの詳細はこちらの記事を参考に。

ボトル・浄水器

 複数のボトルを使用してきたが、2リットルのプラティパスと1リットルのナルゲンに落ち着いている。プラティパスはリザーブタンクとして使用し、行動中はナルゲンを使用する。

 そして、浄水器のソーヤーミニも欠かせない。そのまま飲むのに不安のある水場はもちろん、川や池の水も濾過して飲み水にできる。メンテナンスをすればフィルター交換の必要もなく、半永久的に使える。軽く小さいため、泊まり山行や災害時の備えとして、用意しておいて損はないだろう。

created by Rinker
SAWYER PRODUCTS
¥3,960 (2020/10/01 02:24:29時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
NALGENE(ナルゲン)
¥1,518 (2020/10/01 16:10:40時点 Amazon調べ-詳細)

食料

 私は日頃、糖質制限食を実践している。もう半年以上続けており、体が脂質代謝に切り替わってくれた。食料は脂質とタンパク質を中心に考え、ミックスナッツとプロテインバーをメインの食料としている。フリーズドライ食品は、非常食だ。

 登山に糖質制限など言語道断、という意見もある。というかそれが一般的だろう。

 その通り。この食料は、私は日頃から糖質制限を実践し、体に合うからこその選択だ。体に合わない人は決して真似してはいけない。もし糖質制限が気になる人は、こちらの記事を参考に。

エマージェンシーキット

 最低限の救急キットと、エマージェンシーキットはアウドアの必携装備だ。本来、使いたくない装備をパッキングするのは悩ましいことで、実際、これまで虫さされの軟膏とテーピングテープぐらいしか使ったことがない。

 しかし、それは単に運が良かっただけのこと。自然は素晴らしいが、人間の都合によくできていない。想像力を働かせ、起こりうる事故にはしっかり備えておきたい。エマージェンシーキットの詳細はこちらの記事を参考に。

地図とコンパス

 スマートフォンが進化しても、地図とコンパスは必携装備だ。スマートフォンは万が一の故障を防ぎきれないし、GPSが教えてくれるのは現在地のみ。そこからどう行動するかは、地図を読み、自分で考えなければならない。

 私は行動中に使いやすいリストコンパスやサムコンパスと、予備にプレートコンパスを用意している。コンパスは稀に、南北が逆転することがあるからだ。読図のテクニックはこちらを参考に。

created by Rinker
SILVA(シルバ)
¥2,658 (2020/10/01 02:24:31時点 Amazon調べ-詳細)

小物

 日焼けどめ、虫除けスプレー、コンタクトレンズなど、個人が必要なものを用意しよう。ヘッドライトと予備電池は必需品。ポケットナイフの使用頻度は少ないが、緊急事のお守り代わりである。

まとめ

 あると便利なものを全て装備に加えると、あっという間にバックパックの隙間はなくなり、その重さは体力を奪いとる。何を装備に加え、何を置いていくか。バックパッカーにとってこれほど悩ましい問題はないのかもしれない。この記事が、装備に悩む人の参考になれば幸いである。

関連記事

  • この記事を書いた人

Takashi

元靴メーカー勤務の職人、現在はWEBライターとしてアウトドア系メディアで執筆しています。靴業界での10年以上の経験、趣味のアウトドア経験を活かして書きます。大阪府山岳連盟「青雲会」所属・読図ナヴィゲーションスキル検定「シルバーレベル」・2018年「狩猟免許」取得・ランサーズ「認定ランサー」・フルマラソンベスト3時間29分。

-道具

© 2020 Takashi Blog Powered by AFFINGER5