金剛山

旅レポ

金剛山の登山コース|金剛山からダイヤモンドトレイル縦走へ

2020年6月25日

 大阪府の最高峰『金剛山』は、夏は涼、冬には樹氷と四季折々の魅力あふれる関西の名峰である。金剛山のメインルート『千早本道』には多くの人々が行き交い、回数登山も盛んだ。

 今回は金剛山の千早本道と、稜線を走るダイヤモンドトレイルを縦走してきた。その様子をご紹介したい。

金剛山とは

  • 歩行距離:約16km
  • コースタイム:約7時間

 金剛山は大阪と奈良の府県境にある大阪府の最高峰である。金剛山地の主峰であり、その標高は1125mを誇る。

 最高地点は山頂にある葛木神社の境内にあり、立ち入ることはできない。山頂広場が事実上の山頂と言っても差し支えはないだろう。

 冬は樹氷が有名で、雪山ハイキングの入門コースとして、夏は涼を求めて多くのハイカーが訪れる。鎌倉時代末期から南北朝時代に活躍した楠木正成の城跡や史跡が点在し、四季折々の花々と共に見どころが満載である。

 また、稜線上には縦走路があり、全長45kmにおよぶ『ダイヤモンドトレイル』が走っている。登山コースは複数あるが、今回はもっとも人気のある千早本道で山頂を目指し、ダイヤモンドトレイルと繋げて歩いてきた。

金剛山〜ダイヤモンドトレイル縦走コース

金剛登山口バス停から北に進み、千早本道の登山口からスタート。

 私が所属する山岳会『青雲会』の活動がようやく再開した。新型コロナウイルス感染拡大防止のため長らく活動を自粛し、約2ヶ月ぶりの山行例会に参加してきた。

 この日は本来、夏山登山のための歩荷訓練であったが、私も含めたほとんどのメンバーが練習不足である。荷物は軽めとし、約15kgの装備を担ぎ、金剛登山口を出発した。

金剛山
金剛山
千早城跡との分岐。ちょうど東京スカイツリーと同じ高さにある。
金剛山
登山道は階段の連続だ。
私のバックパック。撮影機材一式と登山道具で約15kg。
金剛山

 金剛山への登山道のうち、もっともポピュラーなコースが千早本道であろう。よく整備された登山道は歩きやすい。老若男女問わず多くのハイカーが行き交う。

 難点は階段が連続するところだが、メンバーと談笑しながら登っていれば、約1時間30分ほどで山頂に到着した。

金剛山
見晴らしの良い山頂広場。この日は好展望に恵まれた。
金剛山
金剛山は信仰の山であり、頂上には葛木神社に加え、修験道で有名な金剛山転法輪寺がある。

 急登を登り終え、山頂で一休み。葛木神社への参拝をすませ、ダイヤモンドトレイルを南に進む。目指すは紀見峠だ。

金剛山
金剛山
金剛山
金剛山
ちはや園地のキャンプ場。入念な新型コロナウイルス対策がとられ、営業していた。
ダイヤモンドトレイル

 ダイヤモンドトレイルは大阪・奈良・和歌山の府県境に位置する山々の主稜線を結ぶ山岳トレイルだ。北は二上山から始まり、大和葛城山、金剛山、岩湧山など金剛山地の名峰をつないで歩く。全長は約45kmのうち、今回歩くのは金剛山から紀見峠まで。金剛山南尾根を南下していく。

 この日は梅雨の中休みでよく晴れた。大阪府の最高気温は30度を超えていたが、標高1000m付近の稜線上は風が気持ちいい。

 それでも自粛でなまった体には十分に歩きごたえがある道で、額に汗を吹き出しながらゆくっりと歩いていった。

ダイヤモンドトレイル
ダイヤモンドトレイルは杉木立の気持ち良い道を歩いて行く。

 中葛城山の手前、久留野峠からの急登が本コースの難所であった。金剛山からゴールの紀見峠までは下り基調であるが、久留野峠から中葛城山へは標高差約60mの尾根を直登する。そしてここの木段の1歩が大きく歩幅に合わない。じわりと疲労が溜まる。

ダイヤモンドトレイル
ダイヤモンドトレイル
中葛城山付近からの眺望。
登山道脇にササユリが群生していた。
ダイヤモンドトレイル
ダイヤモンドトレイル
ダイヤモンドトレイル

 行者杉で長めの休憩をとる。この場所はかつて、修験者の中継ポイントととして重要な役割をになっていたようだ。行者杉には広場があり、そこからは遠く奈良の街並みを見渡せた。ニコンD500、レンズの望遠端で山々の連なり狙う。

ダイヤモンドトレイル

 さて、ここまで歩けばゴールまでもうひと息だ。

ダイヤモンドトレイル
ゴール。お疲れ様でした。

 西ノ行者堂を通過し、紀見峠を経てようやくアスファルト道へと出る。毎度毎度好きで山に出かけているのだが、やはりアスファルト道=人里に下りたときの安堵感は大きい。

 約16kmの道のりを歩き、久しぶりに担いだ15kgの装備が肩に食い込いこんでいる。それでも金剛山へ登り、ダイヤモンドトレイルの稜線を歩いた爽快感は格別だった。

 山はいいなぁ。駅前で購入したハイボールをぐぃと飲み干し、山の余韻とほろ酔い気分で帰途についた。

 

金剛山へのアクセス

  • 往路:南海電鉄『河内長野駅』下車 南海バス→約30分→『金剛登山口』下車
  • 復路:南海電鉄『紀見峠駅』

金剛山の地図&参考書籍

関連記事

  • この記事を書いた人

Takashi

元靴メーカー勤務の職人、現在はWEBライターとしてアウトドア系メディアで執筆しています。靴業界での10年以上の経験、趣味のアウトドア経験を活かして書きます。大阪府山岳連盟「青雲会」所属・読図ナヴィゲーションスキル検定「シルバーレベル」・2018年「狩猟免許」取得・ランサーズ「認定ランサー」・フルマラソンベスト3時間29分。

\この記事はどうでしたか?/

-旅レポ
-,

© 2020 Takashi Blog Powered by AFFINGER5