旅行 青春18きっぷ

青春18きっぷとは? 5分で分かる基本ルールと使い方

2019年1月13日

 青春18きっぷを利用して、お得に鉄道旅行を楽しみませんか? 青春18きっぷとは、JR線で利用できる格安きっぷのひとつであり、使い方によってはかなりお得に電車の旅を満喫できるのだ。ここでは、青春18きっぷを初めて使う人のために、基本的なルールや使い方を解説しよう。

目次

青春18きっぷとは

概要

日本全国のJR線の普通・快速列車の普通車自由席及びBRT(バス高速輸送システム)ならびにJR西日本宮島フェリーに自由に乗り降りできるきっぷです。引用:JR東海

 青春18きっぷとは、JR線の普通・快速列車の1日乗り放題きっぷのことだ。あとで詳しく説明するが、青春18きっぷ1日あたりの料金は2,370円。

 ベテランともなれば、東京〜大阪間を青春18きっぷを使い1日で移動したりする。時間はかかるが、東京〜大阪間が2,370円で移動できることになる。使い方次第で、大変お得なきっぷなのだ。

青春18きっぷのモデルコースはこちらを参考に

【大阪発】ご紹介! 青春18きっぷ1泊2日のモデルコース

青春18きっぷの定番コースを聞かれて、ぱっと思い浮かぶだろうか? のんびりと電車の旅を楽しみたいと思っても、なかなか行き先が決まらないものである。 そこで、初めての人でも挑戦しやすい、おすすめのコースを紹介したい。ここでは「大阪から青春18きっぷを使って旅行をしたい人」のために、大阪発、串本温泉の1泊2日の旅をお届けする。 ...

【大阪発】青春18きっぷモデルコース|空の駅あまるべ・城崎温泉をめぐる

青春18きっぷを使った、大阪発〜余部橋梁を経由〜城崎温泉の1泊2日のモデルコースを紹介しよう。都会を離れ、のどかな田園風景の中を進み「空の駅」と親しまれる餘部駅(あまるべえき)を目指す。宿は城崎温泉。7つの外湯を楽しもう。

おさえておきたい3つポイント

  • 年齢制限はない(大人・こども同額)
  • JRバスでは使えない
  • JR線と直通運行の私鉄線なども使えない

 筆者も初めて利用する時は「青春18」のネーミングから、年齢制限を心配した。青春時代なんて15年以上前の話だ。安心してほしい。年齢制限はなく、どなたでも利用できる。

 ただし、こども料金は設定されていないため「子供2人で1日分」といった使い方はできない。さらに、BRT(バス高速輸送システム)では利用できるがJRバスや、JR線以外の私鉄では利用できないので注意しよう。

青春18きっぷの1日

 青春18きっぷで定める1日とは、当日の午前0時〜翌日の午前0時までで、この時間の間なら自由に乗り降りができる。もし使用中に午前0時をまわった場合、次の停車駅までが有効となる。

 ただし、例外として東京と大阪の特別電車区間では、最終電車まで有効だ。

発売期間・利用期間

 青春18きっぷには、発売期間と利用期間が定められており通年使える訳ではない。そして、発売期間と利用期間が異なることに注意しよう。

 2018年度の発売・利用期間は以下の通りだっが、毎年おおむね同じ日付で定められている。

春季

  • 発売期間:2月20日~3月31日
  • 利用期間:3月1日~4月10日

夏季

  • 発売期間:7月1日~8月31日
  • 利用期間:7月20日~9月10日

冬季

  • 発売期間:12月1日~12月31日
  • 利用期間:12月10日~1月10日

参考:JR東海

料金 11,850円(1セット5回分 大人・こども同額)

 青春18きっぷは1枚のきっぷで5回使える仕組みだ。それ故、1回分のみの購入はできず、必ず1セット5回分で購入する必要がある。

 1回あたりの料金は2,370円だから、1日でこれ以上の料金分を移動すれば、お得に利用できることになる。

 ※どうしても1回分だけ欲しい人は、金券ショップを当たってみよう。利用期間内なら見つかるかもしれない。

購入方法

 全国のJR主要駅の窓口で購入できる。その他、みどりの券売機でも購入可能だ。現金のほかにクレジットカードも使えるので、みどりの券売機も利用してみよう。

払い戻し

 青春18きっぷの利用期間内で、未使用のきっぷに限り手数料を払えば払い戻しができる。1回分でも使ってしまうと、払い戻しは利用できないので注意しよう。

 5回分を使いきれない場合は金券ショップで引き取ってもらうと良い。その場合、利用期間のなるべく早い時期に引き取ってもらおう。

利用方法

  • 1人で5回分を利用する
  • 5人で5回分を利用する
  • 2人で2回分の利用後、残り3回分を1人で利用する

 上に記したように、青春18きっぷは1枚を複数人で分けて使える。必ず1人で5回分を消費しなければならい、ということはないのだ。

当日の使い方

  1. 最初の駅で、係員のいる改札でスタンプを押してもらう。自動改札機は使えない。
  2. 下車の場合は、係員のいる改札できっぷを見せ、日付を確認してもらう。
  3. ふたたび乗車する場合は、係員のいる改札で日付を確認してもらう。
  4. 無人駅で乗車・降車する場合は車掌に確認してもらおう。

 使い方はとても簡単だ。係員の改札で、きっぷを確認してもらえば乗車できる。複数人で利用する場合は「◯人分です」と伝えると、人数分のスタンプを押してもらえる。

特急(新幹線)では使えるか

 青春18きっぷは利用できない。特急券・グリーン券・急行券と普通乗車券が必要である。

青春18きっぷを利用して、鉄道旅行を満喫しよう

和歌山県を走る、JRきのくに線の車窓から。

 以上が青春18きっぷの基本ルールだ。はじめは戸惑うかもしれないが、慣れれば簡単に使える。お得に利用できるこのきっぷを利用して、鉄道旅行を満喫しよう。

※この記事の情報は2019年執筆時のものです。

関連記事

  • この記事を書いた人

Takashi

元靴メーカー勤務の職人、現在はWEBライターとしてアウトドア系メディアで執筆しています。靴業界での10年以上の経験、趣味のアウトドア経験を活かして書きます。大阪府山岳連盟「青雲会」所属・読図ナヴィゲーションスキル検定「シルバーレベル」・2018年「狩猟免許」取得・ランサーズ「認定ランサー」・フルマラソンベスト3時間29分。

\この記事はどうでしたか?/

-旅行, 青春18きっぷ

© 2020 Takashi Blog Powered by AFFINGER5