ライフ 山道具

モンベルのコーヒードリッパー『O.D.コンパクトドリッパー』で味わう朝の一杯

 私の朝のルーティーンにコーヒーは欠かせない。その日のニュースをチェックしつつ、一杯のコーヒーを味わいながら徐々に仕事モードに切り替えていく——。このような人は、私だけではないことだろう。

 寝ぼけた頭をすっきりさせるには、手軽な缶コーヒーやインスタントコーヒーももちろんいいが、ドリップコーヒーも捨てがたい。

 豆を挽いた瞬間に立ち上る豊潤な香りを知ってしまうと、「ひと手間かけよう」と思えてしまうのだ。

 今回は、私がアウトドアや自宅で愛用している、モンベルの『O.D.コンパクトドリッパー』をご紹介したい。

わずか4g! モンベル『O.D.コンパクトドリッパー』

モンベル  O.D.コンパクトドリッパー

 コンパクトに折りたため、繰り返し使えるエコロジーなコーヒードリッパー。それがO.D.コンパクトドリッパーの特徴であうる。重量はわずか4gで、クッカーセットの隙間に難なく収まる。

 他社製ドリッパーの多くがペーパーフィルターを必要とするのに対し、モンベルのドリッパーはそれを必要としない。

 約60マイクロメートルの目を持つマイクロ・メッシュ地でドリップすることで、旨味が凝縮されたコーヒーオイルを透過し、豆本来の味を楽しめる。

 ドリップしたコーヒーは、オイルのおかげか、すっきり爽やかというより、まったりとした味わいになる。

 ※モンベルの公式オンラインショップはこちら。

モンベル  O.D.コンパクトドリッパー

 ペーパーフィルターが必要ないとはいえ、野外で使うときはペーパーフィルターを併用したほうが、後処理が格段に楽である。

 キッチンを使える自宅とは違い、野外での本体の掃除やゴミの片付けは、ペーパーフィルターを使わないと、なかなか面倒だ。

 今日は自宅でのんびりしているが、せっかくだからアウトドア気分を楽しもうと、わざわざジェットボイルでドリップしてみた。

モンベル『O.D.コンパクトドリッパー』の使い方

モンベル  O.D.コンパクトドリッパー

 レギュラーコーヒーを適量、コーヒーミルに投入する。

 ふたを閉めてハンドルを軽く握る。そのまま、豆が挽かれる小気味いい感触を手に感じつつ、それがなくなるまで続ける。

 コーヒーを挽き始めた瞬間、豆のいい香りに鼻を刺激されるはずだ。

モンベル  O.D.コンパクトドリッパー

 ドリッパーをカップにセットする。

 O.D.コンパクトドリッパーは野外での使用を想定している。そのため、セッティングにはその辺に落ちている小枝が必要なのだ。

 なんともアウトドア道具らしいミニマルな設計で、私は好きだ。今日は室内だから割り箸で代用する。

 ジェットボイルでお湯を沸かし、ドリッパーにお湯を注ぐ。これが困ったことに、普通にドリップするとお世辞にも快適とは言えないのだ。

 コーヒーのハンドドリップはお湯の注ぎ方が大変に重要であるが、ジェットボイルの注ぎ口は、ケトルのようにお湯を狙ったところに細く注ぐのが難しい。そこで裏技をひとつ。

 ジェットボイルの注ぎ口の反対側にある、小さな穴からお湯を注ごう。

モンベル  O.D.コンパクトドリッパー

 こうすることで、ケトルのようにお湯を注げる。早朝の登山前、キャンプの朝、釣りを始める前の朝の一杯も、この方法ならジェットボイルとドリッパーで楽しめるだろう。

美味しいコーヒーをいれるコツ

 お湯を注いでから30秒ほど蒸らす。お湯の量はだいたい粉と同じ分量だ。

 蒸らすことで粉と粉の間に隙間が生まれ、コーヒーエキスを抽出しやすくなる。

 後は”のの字”を描きながら優しくお湯を注いでく。ドリッパーに注いだお湯の量が少なくなったら、お湯がなくなる前に、またお湯を注ぐ。

 お湯は粉の中心に注ぎ、ドリッパーそのものにお湯をかけないよう注意しよう。

 適切なコーヒーの分量が抽出されたら、ドリッパーにお湯が残っていてもドリッパーを取り外す。

まとめ

 今やコンビニでも美味しいコーヒーが手に入る。その味ときたら、100円とはとても思えない。でも私はわざわざコーヒーミルで豆を挽き、ひと手間かけてコーヒーを入れる。

 私がいれたコーヒーよりコンビニコーヒーのほうが美味しいに決まっている。なのに自分でコーヒーをいれる理由とは——。

 そんなこと、コーヒーを入れる時間が楽しいからに決まっている。

 モンベルのO.D.コーヒードリッパーとジェットボイル、それにお気に入りのカップがあれば、コーヒータイムそのものが、また別の趣味の時間となってくれるのだ。

 それは自宅での朝でも、野外での朝でも変わらない。少しの道具が幸せなひとときを約束してくれる。

Takashi

元靴メーカー勤務の職人、現在はWEBライターとしてアウトドア系メディアで執筆しています。靴業界での10年以上の経験、趣味のアウトドア経験を活かして書きます。大阪府山岳連盟「青雲会」所属・読図ナヴィゲーションスキル検定「シルバーレベル」・2018年「狩猟免許」取得・ランサーズ「認定ランサー」・フルマラソンベスト3時間29分。

\この記事はどうでしたか?/

-ライフ, , 山道具

© 2020 Takashi Blog Powered by AFFINGER5