ライフ

両刃カミソリの入門にフェザー・ポピュラーをおすすめする理由

 男性なら一度は悩んだことがあろう朝のひげそり。

 特に、ひげが濃く電動シェーバーでは物足りない人や、多枚刃の替刃のコストに悩む人は多いのではないだろうか。

 そこでおすすめしたいのが両刃カミソリ「フェザー・ポピュラー」だ。コストパフォーマンスに優れ、しっかりと深ぞりできる。

 ここでは、フェザー・ポピュラーの魅力をご紹介しよう。

目次

フェザー・ポピュラーとは

フェザー ポピュラー

 フェザー安全剃刀株式会社(以下フェザー)は、1932年創業の日本のカミソリメーカーだ。ポピュラーはフェザーの両刃カミソリで、創業時から販売されている。

 現在も世界40カ国以上で愛用されるフェザーの定番商品なのだ。

フェザー・ポピュラーをおすすめする理由

 これまでに電動シェーバーや多枚刄のカミソリも使ってきた。電動シェーバーは定価3万円を超える、私にとっての高級品も使ってみた。しかし、どれも結局手放した。

 電動シェーバーは充電や手入れが面倒だったし、多枚刄は快適にそれるが替刃が高い。そこで、たどり着いたのが「フェザー・ポピュラー」である。

ランニングコストが安い

フェザー ポピュラー

 まずはランニングコストから見ていこう。

  • 両刃ホルダー「ポピュラー」 定価1,000円(税抜)
  • ハイステンレス両刃 替刃20枚入り 定価1,100円(税抜)
  • 替刃一枚あたり約55円
フェザー ポピュラー

 切れ味の悪い刃は切り傷やカミソリ負けの原因になるから、少なくとも週に1回は新しい刃に交換したい。月に5枚消費するとして月に約275円、1年で約3300円だ。続いて、以前使っていた5枚刃のランニングコストはどうだろう。

  • ジレット・フュージョン5+1 替刃10個で約3600円
  • 替刃1個あたり約360円

 月に5個消費するとして、月約1800円。1年で約21,600円かかる。そり心地は快適だが、替刃のコストが高くて使うのをやめてしまった。

※2019年執筆時の情報です。

深ぞりできる

 自慢じゃないが私はひげが濃い。なんなら1日に2回そりたいぐらいだ。私のひげには電動シャーバーでは役不足だったのだ。

 そこでポピュラーを使い始めたわけだが「安いから性能はそれなりなんじゃないか?」という声が聞こえてきそうだ。

 実際にはよのようなことはなく、正しい手順をふめば、電動シェーバーでは味わえないほどに深ぞりできる。ひげが濃い人、伸びるのが早い人に特におすすめしたい。

デメリット

 コスパが良く、しっかりそれるが多少のデメリットもある。

見た目がチープ

 これは価格相応だろう。本体にプラスティックが使われているため高級感はない。

 ただ、本体価格が安いので、旅行や出張先で万が一なくしてもダメージが少なくてすむ。

 一度、屋久島旅行にポピュラーを持参して失くしてしまったことがある。旅行中は困ったが、帰ってから同じポピュラーを手に入れた。

時間がかかる

 フェザーポピュラーを使いこなすには、少々の慣れと時間がかかる。朝の時間、素早くひげをそるには電動シェーバーが適している。ひげを湿らせたり、シェービングクリームを塗る必要がないからだ。

 しかし慣れてしまえば、シェービングの時間は趣味の時間になるといっても過言ではない。刃の当てる角度や、好みのシェービングフォームを探すのが、楽しみになってくるのだ。

フェザー・ポピュラーの使い方

 1.本体のリングを回してホルダーを開く

フェザー ポピュラー

 2.替刃をセットする

フェザー ポピュラー

 3.本体のリングを回して、ホルダーを閉じる

フェザー ポピュラー

 上記の手順で準備完了だ。

フェザー・ポピュラーでのシェービングのコツ

 ポピュラーで快適にシェービングをするコツを紹介する。以下の手順に沿って実践してみよう。

  1. ひげを湿らせる
  2. シェービングクリームを塗る
  3. 優しくストローク
  4. 保湿剤・アフターシェーブ

 まず、湿らせることでひげが柔らかくなり、カミソリの滑りが良くなる。そうすると、切り傷やカミソリ負けなどを最小限に抑えられる。同じ理由で好みのシェービングクリームを塗ろう。

 そして、刃の当て方は抑えつけず軽く肌に沿わせる。焦って早くストロークすると、切り傷ができるかもしれない。ゆっくり動かすように意識する。

 ひげの生え方には個人差があるので、快適にそれる方向に優しくストロークしよう。

 仕上げに冷たい水で肌を引き締め、アフターシェーブを塗って肌を落ち着かせる。これで、夕方までスベスベの肌が持続するだろう。

 フェザー・ポピュラーは、ひげそりに悩む人や、両刃カミソリの入門を考えている人に最適なホルダーだ。コスパが良く、よくそれる。ぜひ試していただきたい。

created by Rinker
フェザー安全剃刀
¥855 (2020/03/31 22:01:49時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
フェザー安全剃刀
¥1,008 (2020/03/31 22:01:50時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
テンスター
¥1,164 (2020/03/31 22:01:51時点 Amazon調べ-詳細)

Takashi

元靴メーカー勤務の職人、現在はWEBライターとしてアウトドア系メディアで執筆しています。靴業界での10年以上の経験、趣味のアウトドア経験を活かして書きます。大阪府山岳連盟「青雲会」所属・読図ナヴィゲーションスキル検定「シルバーレベル」・2018年「狩猟免許」取得・ランサーズ「認定ランサー」・フルマラソンベスト3時間29分。

-ライフ
-

Copyright© Takashi Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.