びわこふきんの使い方|合成洗剤や食器洗いスポンジの代替品

びわこふきん

 普段、当たり前のように使っている食器洗いスポンジと合成洗剤に、僕はふと疑問を抱いた。これは生活になくてはならないものなのだろうか?

 かつて合成洗剤は環境問題を引き起こした。プラスチックである食器洗いスポンジは、摩耗する度にマイクロプラスチックが発生し、海に流出する。これらは本当に生活必需品なのだろうか——要は、食器を衛生的に保てればいいのだろう……?

 このモヤモヤを、「びわこふきん」が解決してくれる。

目次

びわこふきんとは

びわこふきん
  • 朝光テープ有限会社が製造する、がら紡績のふきん
  • 洗剤を使わず、お湯とふきんで食器を洗える
  • 繰り返し使えて経済的

 びわこふきんとは、洗剤を必要とせず、お湯で食器がきれいに洗えるふきんのことだ。「がら紡績」で紡がれたふきんで、愛知県・豊橋の「朝光テープ有限会社」が製造している。

 1875年に日本で発明された「がら紡績」は、愛知県を中心に各地に普及した。がら紡績は通常、落綿(らくめん:紡績の際にできる屑綿)で柔らかい糸を紡ぐが、びわこふきんでは原綿を紡ぐことに成功した。
 できあがったふきんは柔かい上に驚異的な吸水・吸油力が加わり、だから洗剤がなくても食器を洗えるのだ。
 メッシュのようなびわこふきんは乾きが早く、効力が持続し、繰り返し使えて経済的である。

 これはキッチンでの使用はもちろんのこと、アウトドア用途にもいいかもしれない。
 言わずもがな、アウトドアでは洗剤を使えるはずもなく、水も限られている。そこで使い捨てのロールペーパーを使用し汚れを拭き取るのが一般的だが、ロールペーパーだって使い捨てだ。繰り返し使えるびわこふきんを、クッカーと一緒に忍ばせておいてもいいのでは、と考えている。

合成洗剤もプラスチック製の食器洗いスポンジも必要なし

 1970年代後半、敗戦国から先進国への仲間入りを果たし、高度経済成長期に沸き上がる日本のその影で、公害問題が多発した。1977年5月に琵琶湖で発生した「淡水赤潮」もそのひとつである。

 これは当時の合成洗剤に含まれていたリン(現在は家庭用有リン洗剤の販売はできない)による富栄養化に起因する。同時期に、赤ちゃんおむつのかぶれや主婦の湿疹被害が報告され、「リンを含む合成洗剤の使用をやめ、天然油脂が主原料の石けんを使おう」という「石けん運動」が広まった。この時期に開発されたのが「びわこふきん」である。

 また、プラスチック繊維の塊である食器洗いスポンジは、摩耗により発生したマイクロプラスチック(5mm以下のプラスチック)が下水道から処理場をすり抜けて海洋に流れ出してしまう。

 しかし、綿100%のびわこふきんであればプラスチック汚染の心配もいらず、食器洗いスポンジや合成洗剤を、毎月のように購入し続ける必要もないのである。

created by Rinker
朝光テープ
¥495 (2021/07/30 13:20:24時点 Amazon調べ-詳細)

びわこふきんの使い方

びわこふきん

 スポンジと同じ要領で、お湯で汚れを流し、食器を拭くだけ。これで十分に汚れは落ちる。洗い終えた食器からは、合成洗剤のCMでおなじみの「キュキュッ」という音が聞こえてきて気持ちがいい。

 スポンジと比べて少々持ちにくく、掴みにくいがすぐ慣れる。一度慣れてしまうと、今まで当たり前のように食器洗いスポンジを使用してきたのが不思議なぐらいだ。

ひどい汚れはあらかじめ拭き取る

 ひどい油よごれ、例えば揚げ物やカレー、中華メニューなど、食器に残った程度の油ならそのまま拭き取れなくもないが、油をキッチンに流すと水質汚濁の原因になりかねない。

 できれば、いらない新聞紙やキッチンペーパーで汚れをあらかじめ拭き取ってから洗うといいだろう。

重曹やお酢と組み合わせる

 それでも落ちにくい焦げ付きや、頑固なこびりつきは、たわしや重曹、お酢を使うなどして、これらをうまく組み合わせて使えば食器は十分きれいになる。今では口にできない合成洗剤で食器を洗うのが気持ち悪るくて仕方がない。

びわこふきんが汚れたら

びわこふきん
びわこふきんの消毒は、10分ほど煮沸して、日光で乾かせばOK。

 びわこふきんが汚れてきたら、煮沸して消毒するか、あるいは酸素系漂白剤で消毒しよう。ふきんであるから食器洗いスポンジと違い、洗濯して繰り返し使えるのがびわこふきんのメリットだ。

 合成洗剤の使用や、食器洗いスポンジのマイクロプラスチックに少しでも疑問を感じるのなら、びわこふきん、このシンプルな布を改めて見直し、ぜひ使ってみてほしい。

created by Rinker
朝光テープ
¥495 (2021/07/30 13:20:24時点 Amazon調べ-詳細)