バードウォッチング ヒヨドリ

ハウツー

自宅から徒歩10分で楽しむバードウォッチングの始め方

2020年3月16日

「手軽にアウトドアを楽しみたい」

「インターネットやSNSから離れてリフレッシュしたい」

 そんな人におすすめしたいのが『バードウォッチング』である。

 しかし、バードウォッチングは自然豊かな森でないと楽しめない、というイメージが先行することだろう。

 実はバードウォッチングは都市部でも十分に楽しめ、それも特別な道具を必要とせず、今日からすぐに、誰でも楽しめるアウトドアであるのだ。

 ここでは、自宅から徒歩10分圏内で楽しむバードウォッチングの魅力をご紹介しよう。

目次

都市部で楽しむバードウォッチング|その鳥は本当にスズメだろうか?

バードウォッチング 河川敷
河川敷の土手に数羽の鳥がいる。

 バードウォッチングを楽しむには、深い山や森の中、または屋久島や知床など世界的に有名な大自然に出かけなければならない——。

 多くの人がそう考えていることだろう。実はそんなことはなく、バードウォッチングは都市部でも楽しめてしまう。

 普段気がつかないだけで、身の回りには多くの生態系が存在している。街路樹や道端に生きる雑草、昆虫、それに野鳥だ。身近な自然を楽しむには、そのことに気がつけるかどうかがポイントだろう。

 野鳥はヒトにとってもっとも身近な野生動物といわれている。朝、目を覚ましたら窓を開けて、野鳥のさえずりに耳を澄ませてみよう。そして、声が聞こえる方向を注意深く観察する。一点に集中するのではなく、全体を俯瞰するように漠然と見ることがコツだ。

 意外と自宅の近くに野鳥がいることに気がつくことだろう。鳥を見つけたら、驚かさないように静かに観察する。そしてこう考える。

「この鳥は本当にスズメだろうか」

バードウォッチング ムクドリ
土手にいたのはムクドリだ。撮影:なまも氏

 電柱や街路樹にいる鳥を『スズメ』とひとくくりにしてしまいがちだが、そんなことはない。

 都市部にもいる代表的な野鳥は、スズメの他にムクドリやヒヨドリ、ハクセキレイ、私の自宅付近にはメジロも姿を現す。

バードウォッチング ムクドリ
同じくムクドリ。身近な鳥がすべてスズメだとは限らない。撮影:なまも氏

 日本には600種以上の野鳥が存在するとされ、なるべく多くの種類を観察し、コレクションを増やすのも楽しみのひとつだ。

 これは日本百名山の制覇や、ポケモンのコレクションを増やす感覚に近いかもしれない。

 スマートフォンを片手にポケモンを集めるのもいいが、今ここに生きている野鳥を追い求めるのも、なかなか楽しいものである。

河川敷や都市公園は絶好のバードウォッチングスポット

バードウォッチング 大阪城公園
大阪城公園は有名な探鳥地だ。

 都市公園や河川敷は絶好のバードウォッチングスポットだ。散歩がてらに鳥を探してみてほしい。

 これは、2020年3月12日、大阪市の淀川河川敷での記録だ。

  1. ムクドリ
  2. スズメ
  3. ハクセキレイ
  4. ドバト
  5. カルガモ
  6. アオサギ
  7. キンクロハジロ
  8. カワウ
  9. ハッカチョウ
  10. ヒドリガモ
  11. トビ
  12. モズ
  13. ジョウビタキ
  14. ツグミ
  15. ヒヨドリ
  16. オオバン
  17. ハシボソガラス
  18. ハシブトガラス

 ほんの1〜2時間、散歩のついでに私が確認しただけでも18種類の野鳥を確認できた。鳥たちが好む環境が整う、都市公園や河川敷には多くの野鳥が生息していることが分かる。

 わざわざ遠くに出かけなくても、徒歩圏内でバードウッォッチングは楽しめるのだ。

バードウォッチング 都市公園
大阪の鶴見緑地公園にて。このように、場所によっては間近で野鳥を観察できる。写真はアオサギだ。
バードウォッチング アオサギ
同じくアオサギ。撮影:なまも氏

周囲の迷惑にならないように

 手軽に楽しめるバードウォッチングだが、周囲への配慮は忘れてはならない。観察に夢中になるあまり、道路や通路をふさいだり、立ち入り禁止の場所に立ち入ったりしないよう気をつけよう。

 ごくまれに——本当にまれだ——撮影したいがあまりに大型のカメラや三脚で道をふさいでいる”集団”を見かけることがある。そんな光景を見ると、同じ自然を愛する者として悲しくなってしまう……。

 もちろんゴミを捨てるなんて論外である。

バードウォッチングに必要な道具

バードウォッチング 道具
道具があればより楽しめるが、決して必需品とはいえない。

 昨今アウトドアを便利に快適する道具が巷にあふれており、私も便利に活用している。しかし、バードウォチングに特別な道具は必要ない。

特別な道具は必要ない

 まずは身近な自然を目で見て耳で聞いて、自然の臭いを感じとろう。

 ウグイスの鳴き声で春の訪れを感じることもあれば、カモの飛来に秋を感じ、「そろそろ冬物のコートが必要かな」などと思う。

 そうかと思えばヒヨドリのように年中うるさくさえずる野鳥もいるし、公園によくいるドバトは緊張感がなく、人が近づいても逃げない。ドバトは伝書バトが野生化した、ニワトリやアヒルのような家禽(かきん:人が飼う鳥)であるからだ。

バードウォッチング メジロ
桜の蜜を吸うメジロ。撮影:なまも氏

 このように、家の周辺をぐるっと散歩するだけで自然の多様性を感じることができる。

 身近な自然に気がつけば手ぶらで歩いても十分に楽しいし、まず目や耳で野鳥を見つけられないと、道具も役に立たないのだ。

 とはいえ、野鳥は警戒心が強く近づいて観察しようとすると飛び去ってしまうし、鳥の名前や種類を知りたくもなる。そうなったら図鑑や双眼鏡を用意しよう。

図鑑があれば鳥の種を判別できる

バードウォッチング 図鑑

 バードウォッチングに必要なのは、道具よりも、むしろ知識かもしれない。ほんの少しの知識があれば身近な自然に感動できる。知識を与えてくれる図鑑があれば、よりバードウォッチングを楽しめることだろう。

 書店に出向けばさまざまな図鑑があるが、大別するとイラストと写真の図鑑に分けられる。私のおすすめはイラストの図鑑だ。

 写真の図鑑ももちろんいいのだが、掲載される写真によって、色やシルエットなどに多少のバラつきがある。

 一方、イラストの図鑑にはその種の平均的なイラストが掲載されており、特徴をつかみやく判別にも使いやすい。

 イラスト図鑑の中でも、一押しは『フィールドガイド日本の野鳥』である。美しく描かれたイラストを眺めるだけで、十分に楽しめる一冊だ。

created by Rinker
¥5,400 (2020/07/10 10:23:31時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥1,114 (2020/07/10 10:23:32時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥660 (2020/07/10 10:23:33時点 Amazon調べ-詳細)

双眼鏡があれば鳥の細部を観察できる

バードウォッチング 双眼鏡
双眼鏡は口径が大きくなるほど明るく見やすくなるが、その分大きく重たくなる。そして倍率が高くなるほど視界は暗く狭くなる。

 近づくのが難しい野鳥との距離を縮めてくれるのが双眼鏡だ。双眼鏡があれば、遠くの野鳥を細部まで確認できる。

 個人的には、登山や旅行、博物館と多様な用途に使える4倍〜6倍の双眼鏡がおすすめだが、野鳥観察にはもう少し倍率が欲しい。

 バードウォッチングに最適な双眼鏡の倍率は8倍〜10倍、口径は30mmクラスの双眼鏡がおすすめである。双眼鏡のスペック表には『8×32(8倍、口径32mm)』などと表記されており、携帯性と明るく見やすい視界とのバランスがいいクラスだ。

 双眼鏡の性能は価格に露骨に比例する。3万円〜5万円クラスの双眼鏡を用意すれば見え方は素晴らしく、普通の人は満足できるだろう。

 これが光学機器マニアになると周辺視野の解像度が云々と語りだし、ウン十万の双眼鏡に手を出すことになり、そのまま沼にはまって抜け出せなくなる。

 そして、間違っても50倍や100倍のズーム双眼鏡など買ってはいけない。カメラで有名なニコン、オリンパス、ペンタックス、キャノンや、望遠鏡メーカーのビクセンなどから選べば、間違いはないだろう。

created by Rinker
ビクセン(Vixen)
¥21,990 (2020/07/10 10:17:03時点 Amazon調べ-詳細)

 双眼鏡についてはこちらの記事も参考に。

アウトドアに適した双眼鏡を選ぶ、チェックしたい5つのポイント|ビクセン Vixen FORESTA Ⅱ 8×32レビュー

双眼鏡を初めてのぞいた瞬間の感動を覚えているだろうか。  遠くのものを引き寄せ、手で触れられる距離にあるかのように、対象を大きく確認できることが双眼鏡の魅力であろう。誰もが不思議とのぞいてみたくなる、そんな道具である。  海や山、アウトドアレジャーに双眼鏡があると、より一層楽しみが広がることは間違いない。だが、アウトドアに適した双眼鏡はどのように選べばいいだろうか。 ...

双眼鏡を選ぶなら低倍率双眼鏡を強くおすすめする理由|ビクセン at4 のレビュー

登山や旅行の楽しみのひとつが、見晴らしの良い場所からの展望だ。遠くの景色をたぐりよせ、より楽しむためには双眼鏡が欠かせない。そんなわけで遠出するときはバックパックに小型の双眼鏡を忍ばせてある。  ところで、 「双眼鏡は倍率が高いほど高性能だ」と考えていないだろうか。 実は、小型の双眼鏡でおすすめなのは低倍率モデルなのだ。 ...

筆記具があれば記録をつけられる

バードウォッチング フィールドノート

 その日観察した場所や天候、見つけた鳥の名前などを記録しておくと、後で見返して楽しめるばかりか、自分だけの貴重な記録になる。

 記録をつけながら歩くことで、自宅から徒歩10分圏内にも多くの野鳥がいることに驚くことだろう

 筆記具は気に入ったものであれば何でもよいのだが、おすすめは鉛筆とフィールドノートの組み合わせである。これについては別途記事を書こうと思う。

created by Rinker
コクヨ(KOKUYO)
¥327 (2020/07/09 11:54:24時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
デザインフィル
¥4,400 (2020/07/09 20:03:43時点 Amazon調べ-詳細)

アウトドア必需品、雨具や防寒着、水筒など

 その他、バードウォッチングは野外でのアクティビティーであるから、半日や1日をかけて楽しむときは雨具や防寒着が欠かせない。水分補給の水筒や、ちょっとした軽食も用意しておくといいだろう。

 足元はトレッキッグシューズやウォーキングシューズがおすすめだが、歩きやすい靴があれば十分だ。今持っている道具でまず始めてみて、それから必要に応じて道具をそろえていけばいいと思う。

 そもそも、バードウォッチングはそんなに道具を必要とする遊びではないのだ。

今日からバードウォッチングを始めてみよう

 普段気がつかないだけで、自宅周辺にも多くの野鳥が生息している。ほんの少し視野を広げて身近な自然に気がつけば、徒歩10分圏内でバードウォッチングを楽しめる。

 その手軽さから、アウトドアを楽しみたい人や、仕事やインターネットから離れてリフレッシュしたい人におすすめの趣味である。

 この記事を参考に、さっそくバードウォッチングに出かけてみよう。

created by Rinker
¥5,400 (2020/07/10 10:23:31時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥1,114 (2020/07/10 10:23:32時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
¥660 (2020/07/10 10:23:33時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ビクセン(Vixen)
¥21,990 (2020/07/10 10:17:03時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
コクヨ(KOKUYO)
¥327 (2020/07/09 11:54:24時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
デザインフィル
¥4,400 (2020/07/09 20:03:43時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事

  • この記事を書いた人

Takashi

元靴メーカー勤務の職人、現在はWEBライターとしてアウトドア系メディアで執筆しています。靴業界での10年以上の経験、趣味のアウトドア経験を活かして書きます。大阪府山岳連盟「青雲会」所属・読図ナヴィゲーションスキル検定「シルバーレベル」・2018年「狩猟免許」取得・ランサーズ「認定ランサー」・フルマラソンベスト3時間29分。

\この記事はどうでしたか?/

-ハウツー

© 2020 Takashi Blog Powered by AFFINGER5