登山の地形図をわずか10円で入手する方法|TrailNote(トレイルノート)の使い方

Trail Note トレイルノート

 登山に地図が欠かせないことは、スマートフォンが普及した現代でも変わらない。画面には高精細な地図が表示され、GPSで現在地を教えてくれる一方、万が一のトラブルを防ぎきれないからである。

 現場でのナビゲーションには地図、それも2万5000分ノ1の地形図が欠かせない。地形図を入手する方法はいくつかあるが、ここではMac用フリーソフト『Trail Note(トレイルノート)』を利用して、地形図を10円で入手する方法をご紹介しよう。

目次

地形図が必要な理由

 登山に使う地図には2種類がある。山と高原地図に代表される登山地図と、国土地理院が発行する地形図だ。どちらも地図だが用途が違うため、併用して使いたい。

 山と高原地図は、登山者に必要な情報を提供してくれる。コースタイムや水場、山小屋の位置などが、分かりやすいマークと注釈で記載されている。

 そのかわり多くの山域では縮尺5万分ノ1が採用され、ナビゲーションに必要な等高線が読みづらい。現場で分岐に出合ったとき、どちらが正しいルートかを判断するには向かない地図なのだ。人気山域しか刊行されていないことも、デメリットのひとつである。

 一方の地形図は、基本的に2万5000分ノ1の地図を用いる。この縮尺はバランスがよく、山域全体を俯瞰できながら詳細な等高線から地形を読み取れる。山と高原地図と異なり、日本全国を網羅していることもポイントだ。

 これらの特徴を生かし、計画では山と高原地図、現場でのナビゲーションは地形図と、使い分けるのがベストである。

地形図の入手方法

 さて、地形図をどこで入手するかだが、概ね以下の2通りである。

  • 大型書店での購入
  • 登山用品店での購入

 しかし、大型書店や登山用品店が近くにない場合もあるだろう。仮に店舗があっても、全ての地形図を取り扱っているとは限らない。そこで活用したいのが地図ソフトである。

 その中でも『Trail Note(トレイルノート)』を使えば地図のダウンロードは無料かつ、ソフト本体も無料でダウンロードできる。Mac用ソフトなのでWindowsでは使えないが、Macユーザーぜひは使ってみてほしい。ダウンロードはTrailNote公式サイトへ。

地図ソフト『Trail Note(トレイルノート)』で好みの地図を作成する方法

Trail Noteは、登山者向けの地形図印刷・ルート編集アプリ(Mac用フリーソフト)です。磁北線やルート線、標高グラフを組み込んだ、登山用の地図(1/25000図)を、簡単に作成できます。

引用:TrailNote

 地形図を購入した場合、磁北線やルートは手書きする必要がある。だがTrail Noteは自分好みの地図を簡単に作成できるのだ。

 Trail Noteでは国土地理院が提供している地形図を利用して、2万5000分ノ1地形図を印刷できる。等高線や道路、川、建物などの色を補正したり、道を強調する機能も備わっている。さっそくTrail Noteで地図を作成してみよう。

1.地図の表示範囲を選ぶ 

 Trail Noteを起動したら、画面右、上から2番目の『印刷範囲指定』をクリックして、表示する範囲を選ぼう。写真中央、グリーンの範囲が表示される。

Trail Note トレイルノート

2.地図を表示する

 表示範囲を決定したら、画面右、上から3番目の『印刷範囲』をクリックし、地図を表示させる。

Trail Note トレイルノート

 表示させた地図をこのまま印刷しても十分に使えるが、さらに分かりやすいようにルート線を作図してみよう。

3.ルート線を作図する

 ルート線を作図するには、画面右、上から4番目の『編集画面ボタン』をクリックする。この状態で、地図上の行きたいルートをクリックしていこう。

Trail Note トレイルノート

 まずスタート地点を決定し、目的地までのルートを順にクリックしていく。

Trail Note トレイルノート
ルートを順にクリックしていこう。ここでは、王子公園駅を出発して摩耶山を目指す。
Trail Note トレイルノート
ルートを順にクリックし、摩耶山までのルート制作が作図が完了した。

 目的地までルートの作図が完了したら『印刷範囲』をクリックしよう。作図したルートが地形図上に表示される。

Trail Note トレイルノート

 あとはこの地形図を保存し、プリントするだけだ。手順5に進もう。

4.GPXファイルを読み込む

 ここまで解説したように、ルートをマウスで作図する方法もある。しかし案外手間がかかるのが事実だ。てっとり早くルートを作図するには、GPXファイルを読み込む方法がある。

 GPXファイルとは、GPS(全地球測位システム)のルート情報のやり取りをする、標準的なファイル形式のことだ。拡張子は.gpxであり、ウェイポイント(地点)とトラック(軌跡)の情報で構成されている。

 あらかじめ『ヤマプラ』などで作成したGPXファイルPCに保存しておき、読み込ませれば地形図にルートを表示できる。ヤマプラでのGPXファイル作成方法は登山の地図データをスマートフォンに表示させる方法を参考にしてほしい。

 Trail Noteを起動し、ファイルメニューから『GPXファイルを開く』を選択しよう。

Trail Note トレイルノート
Trail Note トレイルノート

 ファイルを選択し、開けばご覧のようにルートが表示される。

Trail Note トレイルノート

 同じく地図を保存し、プリントしよう。

5.地図を保存する

 ルート作図を終えたら、地図を保存して完了だ。上から3番目の『印刷範囲』をクリックする。

Trail Note トレイルノート

 もちろんこのまま保存しても問題ないが、好みに応じて見やすいように編集してみよう。

Trail Note トレイルノート

 印刷範囲を表示した状態で、画面右、上から5番目の『ページ設定』をクリックする。ここでは用紙のサイズや向き、ルート線の色、磁北線の間隔、等高線の濃さなどを変更できる。おすすめの設定は以下のとおり。

  • 磁北線:1000m間隔
  • 道の強調:する
  • 等高線の濃さ:少し濃く

 等高線や道を濃く印刷しておけば、明るい野外でも視認しやすくおすすめだ。1000m間隔で入れた磁北線は距離の目安になる。できあがった地図はPDFで保存しておこう。

地形図の印刷方法

 保存した地図は印刷しなければフィールドで使えない。印刷にはプリンターが必要だが、インクジェット方式とレーザー方式の2種類があるのはご存知であろう。地図の印刷には耐水性があるレーザー方式でのプリントをおすすめしたい。

 インクジェット方式はレーザー方式と比べて高精細な印刷が可能だが、水にぬれるとインクが落ちやすいという欠点がある。そのため、地図の印刷にはレーザー方式が適しているのだ。

コンビニのマルチコピー機を利用しよう 

Trail Note トレイルノート
白黒印刷ならわずか10円で地形図が手に入る。

 自宅にレーザープリンターがあれば、それにこしたことはない。だが、多くの人はインクジェットプリンターを利用していることだろう。そこで、コンビニ各社のマルチコピー機を利用したい。

 コンビニ各社のマルチコピー機はレーザー方式であり、印刷物は水ぬれに強い。白黒印刷の場合、B5/A4/B4/A3サイズを10円で印刷できる(2020年3月現在)。地形図を購入することと比べれば格段に安く、自分用にカスタマイズされた地図を入手できるのだ。

 登山に地図が必要であることは、今も昔もかわらない。計画では登山地図、現地でのナビゲーションには地形図と、使い分けがベストである。

 地形図の入手は地図ソフトの利用が便利だ。今回ご紹介したのはMac用ソフトだが、Windowsでは『KASHMIR(カシミール)』を使ってみよう。

 そして、地図は用意しただけでは役に立たない。ぜひ使い方を覚えてほしいと思うのだ。

地図の読み方・使い方を知りたい人はこちらの記事も参考に