ライフ

ハンドドリップ・コーヒーをたしなむ朝の時間|美味しいコーヒーの入れ方

2021年1月8日

 コーヒーの香りに包まれながら、新聞とメールのチェックから、僕の朝は始まる。1日のスタートにやはりコーヒーは欠かせない。それもひきたてのコーヒーで入れるドリップコーヒーに限る。インスタントコーヒーやコンビニコーヒーも近頃のものはクオリティーが高いが、それでも自分でドリップする楽しみや、豊かな香りにはかなわないだろう。コーヒーライフのさらなる充実を図るべく、ドリップポットとコーヒーサーバーを新しく購入した。

目次

スポンサーリンク

 朝日の差し込む室内には、豆をひく音がカリカリと響き、香ばしい香りが漂っている。コーヒー粉をドリッパーにセットしてポットから静かにお湯を注ぐ。するとひき立てのコーヒーがふわっと膨らむその瞬間に豊潤な香りが部屋中に広がり、寝ぼけまなこの僕を目覚めさせる。

 今日1日の、始まりだ。

 こんな風に清々しい朝を過ごせれば、コーヒーの効果も相まって、集中し、スムーズに仕事をこなせるというものである。そこでぜひ用意したいのが、いくつかのコーヒー器具だ。

ハンドドリップ・コーヒー器具

 僕のような初心者でも手軽に楽しめるのがハンドドリップ、その中でもポピュラーなペーパーフィルターを使う入れ方がいい。それには次の道具を用意しよう。

  • ドリップポット
  • ドリッパー
  • フィルター
  • コーヒーサーバー
  • お好みのレギュラーコーヒー
  • 豆を使うならコーヒーミル

 インスタントコーヒーに対し、焙煎されたコーヒー豆、または焙煎後にひいて粉状になったコーヒーのことを「レギュラーコーヒー」という。その中で豆タイプを選ぶか粉タイプを選ぶかは好みの問題だが、僕は豆タイプをおすすめしたい。

 粉タイプは豆をひく手間がなく手軽に楽しめる反面、酸素に触れる面積が大きく鮮度を失うスピードが速いからだ。それに、コーヒーがもっとも香りを発するのは豆をひいた瞬間である。最高の香りと心地よいひとときをゆったりと過ごすなら、豆タイプが最適だろう。

スポンサーリンク

ハンドドリップコーヒーの美味しい入れ方

 コーヒー器具とお好みのコーヒーを用意したら、早速ドリップしてみよう。決して難しいことはなく、いくつかのコツを押さえれば誰にでも簡単にできる。そのコツと手順を覚えるのに、コーヒー関連事業大手・UCC上島珈琲(株)の動画をご紹介したい。

ポイントは蒸らしと、お湯の注ぎ方

  1. 器具をそろえ、お湯を沸かす
  2. フィルターをセットし、コーヒー粉を入れる
  3. お湯を注ぎ、コーヒーを蒸らす
  4. 抽出する

 まず、コーヒに少量のお湯を注ぎ、20秒ほど蒸らす。蒸らすことでコーヒーとお湯がよくなじみ、コーヒーのおいしい成分を十分に引き出せるからだ。

 蒸らしを終えたらドリッパーの中心に「の」の字を書くようにお湯を注ぐ。壁面ではなく、中心にお湯を注ぐことで、コーヒーの味をまんべんなく抽出できる。サーバーのメモリを見ながら分量のお湯を数回に分けて注ぎ、このとき、ドリッパーのお湯の水面を一定に保つように意識しよう。

 そして、分量に達したらドリッパーにお湯が残っていてもサーバーから外す。こうすることで、雑味のないクリアなコーヒを入れられるのだ。ドリップコーヒーのすっきりと混じり気のない味わいを知ってしまうと、もはや缶コーヒーやインスタントコーヒーには戻れない。

コーヒーの効能

 かれこれ30年以上前は「コーヒーは体に悪い」とうのが定説であったが、近年は脳の活動の活性化や思考力・集中力の向上に加え、生活習慣病予防の効果を示す研究が出ている。コーヒーの摂取が脳を活性化したり、胃の働きを活発にしたりするのは間違いなさそうだ。
 しかし、体によいからとはいえ限度がある。過剰に摂取しすぎるとカフェインによる悪影響を受けかねない。嗜好品として、適度にたしなむのがよさそうだ。何事も度が過ぎるのはよくないのである。

※参考:『コーヒーの習慣的喫飲による生活習慣病予防効果の分子基盤』 田村悦臣 YAKUGAKU ZASSHI 140, 1351-1363 (2020) ・『コーヒーの成分と発がん抑制作用』 木村俊博*、伏脇裕一*  *東京聖栄大学健康栄養学部 安全工学 58巻5号310~314(2019) 

ドリップコーヒーを始めよう

 想像の中で、コーヒ豆をひく心地よい音や風味豊かな香りが膨らんできただろうか。そうなれば”手間”は”楽しみ”へと変わり、集中力が増し、生活が少しだけ豊かになるだろう。
 最後に僕が使っているコーヒー器具をご紹介して、終わりにしたい。気になる人はぜひチェックしてみてほしい。

created by Rinker
HARIO(ハリオ)
¥722 (2021/02/09 00:35:23時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ゴールドスペシャル
¥699 (2021/04/11 05:38:27時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事

Takashi

元靴メーカー勤務の職人、現在はWEBライターとしてアウトドア系メディアで執筆しています。靴業界での10年以上の経験、趣味のアウトドア経験を活かして書きます。大阪府山岳連盟「青雲会」所属・読図ナヴィゲーションスキル検定「シルバーレベル」・2018年「狩猟免許」取得・ランサーズ「認定ランサー」・フルマラソンベスト3時間29分。

    -ライフ

    © 2021 kawaguchi Takashi Powered by AFFINGER5