お酢と重曹で家中をピカピカに掃除する方法

お酢 重曹 掃除

 ホームセンターの日用品コーナーにずらりと並んだ各種クリーナーを前にして、「我が家にはもう必要ないものばかりだ」と、僕は心の中でつぶやいた。

 食器用洗剤にシンク用洗剤、コンロ用クリーナー、お風呂用、トイレ用、フロア用、ガラス用……数え出したらそれこそ枚挙にいとまが無い。

 僕たちは、「食器用洗剤でシンクを洗うだって? 信じられない!」なんていう宣伝文句を浴び続けているせいか、掃除したい場所の名前がついたクリーナーをついつい購入してしまう。

 だが一度冷静に考えてみてほしい。それらは本当に必要だろうか? 押入れで中途半端に残った数々のクリーナーが放置されてはいないだろうか?

 僕は考えた。
 家を衛生的に保つもっとシンプルな方法があるはずだ。そうして見つけたのが重曹とお酢のコンビであり、これがあれば家中をピカピカに掃除できる。もう、用途別のクリーナーや、フロアワイパーの使い捨てシートを、永遠と買い続ける必要はないのだ。

目次

お酢で作る基本の万能クリーナー

お酢 重曹 掃除
  • お酢と水を1:1で混ぜる
  • スプレーして拭き取る  

 いろいろな用途に使えるお酢の万能クリーナーがあれば、家の大抵の場所は掃除できる。使い方はとっても簡単、スプレーして拭き取るだけ。これがあれば、鏡や窓の拭き掃除、壁や床の掃除などに加え、特に水まわりの汚れに威力を発揮する。

お酢は酸性、アルカリ性汚れを中和する

 お酢は酸性だ。酸性はアルカリ性の汚れを中和し、水に溶けやすくする。水道水に含まれるミネラル分が固まった「水垢」は、アルカリ性汚れの代表である。お酢の酸性で中和して水に流してしまおう。

 ただし、万能クリーナーとはいえ全ての素材に最適とはいえない。例えば大理石のように、お酢と相性が悪い素材もある。心配な場合は、目立たないところでテストしてから使おう。

殺菌力の強いお酢の効用

 お酢は酸性の性質に加え、強い殺菌力も有し、原液では約30分以内にほとんどの病原菌が死滅する(※)。酢に浸した食品が長期保存できるのはこのためで、酢じめした魚やピクルスはその代表例だ。

  • <参考>:日本大百科全書(ニッポニカ)お酢

掃除には醸造酢かホワイトビネガーが最適

 お酢には、醸造によるものや果実の酸味により製造されたものなどさまざまがある。掃除には醸造酢かホワイトビネガーが適しており、我が家では安価に手に入る醸造酢の一種・穀物酢を利用している。

 しかしご想像のとおり、お酢のスプレーを実際に使ってみると、スプレーした瞬間にモワッとお酢の香りが広がる。掃除後、数時間で香りは消えるが、お酢が苦手な人は香りの穏やかなホワイトビネガーをおすすめしたい。

created by Rinker
ハインツ
¥2,779 (2021/04/12 04:14:54時点 Amazon調べ-詳細)

油汚れには重曹を

お酢 重曹 掃除
  • 重曹を直接振りかける
  • 重曹スプレー:水1カップに重曹小さじ1  

 キッチン周辺の頑固な油汚れは重曹で洗い流そう。重曹は弱アルカリ性であり、油汚れ、皮脂汚れの成分である脂肪酸を中和する。コンロまわりや食器の油汚れ、壁や床の皮脂汚れなどに効果的だ。

 重曹には「食品用」「掃除用」があるが、これは純度の違いによる分類だ。掃除用には不純物が混じっているが、食品用より安価である。

 我が家では料理や手作り歯磨き粉にも重曹を使うため、食品用をまとめ買いしている。さらに、重曹には酸を中和するだけではない色々な効果があるのだ。

消臭作用もある重曹の効用

 重曹とは重炭酸曹達(ソーダ)の略であり、化学用語では炭酸水素ナトリウムという。これは天然の無機物であり、弱アルカリ性の性質を持つ。実は人体にも存在し、血液のpH(ペーハー)バランスの維持に大切な役割を担っている。その重曹には次の効果もある。

  • やわらかい結晶による研磨作用
  • 消臭作用
  • 発泡・膨張作用

 重曹の構造はやわらかい結晶であり、その物理特性を活かした穏やかな研磨作用を持つ。これは掃除したい場所に傷を付けずに磨くのに役立つ。  

 キッチンの生ごみや排水口など、多くの悪臭は酸性の性質を持つ。それを重曹のアルカリ性で化学的に中和し、臭いを消すことができる。これは、別の強い香りで臭いを隠す芳香剤とは根本的に違い、重曹は臭いを文字通り消す。  

 そして、酸を中和する過程で細かい二酸化炭素の泡を発し、これがお菓子作りで生地を膨らませるのに役立ち、掃除では手の届かない場所汚れを浮き上がらせてくれる。

 ただし、お酢と同様、全ての素材に最適とはいえない。心配なときは目立たないところでテストしてから使いたい。また、濃い水溶液は手荒れの原因にもなるため、不安な人はゴム手袋を着用しよう。

  • <参考>
  • 日本大百科全書(ニッポニカ)炭酸水素ナトリウム
  • 『魔法の粉ベーキングソーダ(重曹)335の使い方』飛鳥新社 ヴィッキー・ランスキー著

用途別、お酢、重曹の使い方

 お酢、重曹を使った掃除方法を以下に簡単にまとめてみた。基本的にはそれぞれをスプレーし、または振りかけ、拭き取るだけだ。

 ここに挙げたのは一例にすぎない。お酢はアルカリ性の汚れに強い、重曹は酸性を中和する、このことを念頭にいろいろ試してみよう。

食器・キッチン周りの掃除

お酢 重曹 掃除
重曹をパウダーのまま使うときは、スパイスシェーカーがあると便利だ。
  • 食器:洗いおけに湯をはり、重曹を適量溶かし、その中で洗う。
  • シンクの水垢:お酢スプレーをふりかけ、ふきんやタワシで磨く。
  • 排水口のぬめり:重曹を適量ふりかけ、その上からお酢を回しかける。するとシュワシュワと泡が立ち、30分ほど放置して洗い流そう。
  • コンロの油汚れ:重曹を適量ふりかけ、ふきんやタワシで磨く。その後、お酢をスプレーし拭き取る。

床・壁・窓の掃除

お酢 重曹 掃除
お酢と重曹のスプレーは、かけて拭き取るだけでいい。
  • 床・壁の掃除:重曹スプレーをかけ、拭き取る。
  • 黒っぽい皮脂汚れ:重曹パウダーを適量かけ、磨く。その後お酢スプレーで拭き取る。(研磨作用があるため、ワックスが塗ってあるフローリングなどは避けよう)
  • 窓や鏡:お酢スプレーをかけ、拭き取る。
  • 窓のサッシや網戸:重曹スプレーをかけ、拭き取る。

トイレ・お風呂の掃除

  • トイレの尿石・お風呂の水垢:お酢スプレーをかけ、磨く、拭き取る。
  • しつこいシミ汚れ:重曹を適量ふりかけ、お酢スプレーで泡立たせる。しばらく放置し、磨き、拭き取る。

安全かつ環境に優しい掃除方法を試してみよう

 重曹とお酢には強力な合成洗剤ほどの洗浄効果は期待できない。汚れをためないよう、こまめに掃除することが大切だ。

 なにより大きなメリットは、お酢は食品、重曹も料理の添加物として、また人体にも存在する天然物質であるから、口にしても安全なことだ。特に小さい子供やペットがいる家庭で、この安全性は大きな安心につながるだろう。

 かつての日本は、1950年代から高度経済成長期に突入し、より便利でより豊かな生活を実現し、先進国の仲間入りを果たした。その栄光の影で、廃棄物による大気や水の汚染が深刻化し、公害問題が発生したのも事実だ。

 水質汚濁はそのひとつである。
 今ではとても考えられないことだが、生活排水が川や海に直接流されていた時代があったのだ。当時の合成洗剤に使われていた「リン」が湖沼や港湾の富栄養化を招き、各地で赤潮などの被害が発生した。

 現在は、家庭からの排水は、下水道や浄化槽などで浄化され、合成洗剤は分解されやすい成分で作られている。
 
 だからといって、合成洗剤をジャブジャブと排水口に流していいということではない。過度に使用すれば相応に環境に負荷をかけることになる。そもそも、実際に重曹やお酢で掃除してみると、本当に用途別の合成洗剤が必需品なのかと僕は疑問に思うのだ。

 ほうきと雑巾、それに重曹とお酢があれば、家を衛生的に保てる。これで余計なパッケージ(プラスチックごみ)を減らせるし、フロアワイパーなどの使い捨て掃除道具を消費し続ける必要もない。

 僕は登山中、使用した食器はティッシュペーパーとわずかな水で拭き取るだけだ。言わずもがな、山中に洗剤を持ち込めるはずもなく、バックパックの中の装備で、水・食料・エネルギーを賄わなければならないからだ。それで食中毒を起こしたことなど一度もない。

 限られた資源の中でのやりくりが必要なのは、バックミンスター・フラーが1969年に唱えた「宇宙船地球号」も、地球の中の物資だけで、全てを賄う必要があるのは同じこと。

 企業があらゆる手段を使って宣伝してくる「完全無欠な清潔さ」と「衛生的」とのバランスを、改めて考える時代が訪れているのではないだろうか。

created by Rinker
ハインツ
¥2,779 (2021/04/12 04:14:54時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,200 (2021/09/23 11:26:33時点 Amazon調べ-詳細)