鉛筆

文具

鉛筆の選び方|H・F・Bの濃さの違いとは

 社会人になってから鉛筆に触れていない、という人は多いことだろう。だがそんな人こそ鉛筆を使ってみてほしい。

 これほどシンプルで、どんな状況でも書ける心強い筆記具は他にはないのではないか。ここでは、鉛筆の選び方とその魅力に迫りたい。

鉛筆の選び方

 鉛筆には種類がある。まず一般的な黒芯鉛筆と色鉛筆に分けられ、黒芯鉛筆にも製図用、事務用、絵画用など、用途に応じたいくつものバリエーションが用意されている。

 その種類を決定するのが、次に説明する芯の硬さと濃さである。

H・F・Bによる芯の硬さと濃さの違い

 黒芯鉛筆は、芯の硬さと濃さの違いにより全17種類に分けられる。

 その違いは鉛筆に刻印されるアルファベットにより識別され、H(HARD:硬い)、B(BLACK:ブラック)F(FIRM:しっかりした)と数字により表される。

 HBを標準とし、Hの数字が増えるほど芯は硬く色は薄くなり、Bの場合は軟らかく濃く書ける。FはHBとHの中間の硬さである。これらはJIS(日本産業規格)により定められているのだ。

  • 9H 硬く薄い
  • 8H ↑
  • 7H
  • 6H
  • 5H
  • 4H
  • 3H
  • 2H
  • H
  • F:HとHBの中間
  • HB:標準
  • B
  • 2B
  • 3B
  • 4B
  • 5B ↓
  • 6B 軟らかく濃い

芯の硬さと濃さによる用途の違い

 鉛筆の芯による用途の違いは、一般的には以下のように分けられている。

  • 9H~7H:特殊製図用
  • 6H~5H:超精密製図用
  • 4H~3H:精密製図用
  • 2H~H:一般製図用
  • F~HB:一般筆記用
  • B:事務、建築製図用
  • 2B~3B:速記用
  • 4B~5B:一般絵画用
  • 6B:特殊絵画用

 手帳やノートの筆記には、F・HB・Bあたりが使いやすいだろう。鉛筆デッサンでは、好みや表現の違いにより数種類を使い分けるようである。

 かくいう私は、万年筆に慣れたこともあり筆圧が弱い。そして、大量のメモを素早く書くことが多い。そこで、速記用とされる2Bの鉛筆を愛用している。

※参考:日本大百科全書(ニッポニカ)鉛筆

なぜ鉛筆を使うのか

鉛筆
鉛筆を使うなら、補助軸と鉛筆削りも用意したい。

 私の常用筆記具は万年筆だった。だが出先で万年筆を使うと、インクでうっかり手を汚してしまうことがあったし、2泊以上の旅行ではインクの残量が気がかりだった。

 山に持参して、うっかり落としたり、傷つけてしまったらどうしよう。万年筆はなかなかデリケートな筆記具である。

 一方、鉛筆はタフな筆記具である。その起源は1564年、イギリスのカンブリア山地、ボローデル渓谷で黒鉛が発見されたことに遡る。発見された黒鉛を棒状に加工して、筆記具に用いたことが鉛筆の源流である。

 1795年、N・J・コンテが黒鉛と粘土を混合させ、高温で焼き固めることで芯を作る方法を発明した。このときに、黒鉛と粘土の配合を変えることで、濃さが変化することも発見した。これが今日の鉛筆製法の基礎となったのだ。

 鉛筆は本体があれば書けるし、芯さえ削り出せばいい。雨や水を恐れることはないし、落としたぐらいでは壊れない。日本のどこでも入手できるし、何より安価だ。

 私は雨の山中で、ぬれた紙にも書ける鉛筆の機能を見直した。それ以来、外では鉛筆、デスクでは万年筆と使い分けているのである。

※参考:日本大百科全書(ニッポニカ)鉛筆

【大人の鉛筆】は旅先や野外での筆記具としても優秀だった!

鉛筆の筆記具としての優秀さを再認識したのは、ナビゲーションスキル検定試験のときだった。地形図を片手に山中を歩き、歩いたルートやチェックポイントを地形図や答案用紙に書き込んでいく。しかし、困ったことが発生した。 ...

まとめ

 1564年に黒鉛が発見され、N・J・コンテにより鉛筆製法が確立されて以来、鉛筆は日常の筆記具として使われてきた。現在ではボールペンにその座を奪われた感があるが、見直してみるとその魅力に気が付くだろう。

 本体が短くなり、寿命を迎えた鉛筆を眺めて「よく勉強したな」と微笑んだ小学生のころを思い出す。ノスタルジーに浸るのも、鉛筆の楽しみのひとつである。

created by Rinker
三菱鉛筆
¥1,000 (2020/06/03 19:12:50時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
トンボ(Tombow)
¥337 (2020/06/03 20:00:59時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ステッドラー(STAEDTLER)
¥445 (2020/06/03 19:12:52時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
クツワ
¥268 (2020/06/03 20:00:59時点 Amazon調べ-詳細)

Takashi

元靴メーカー勤務の職人、現在はWEBライターとしてアウトドア系メディアで執筆しています。靴業界での10年以上の経験、趣味のアウトドア経験を活かして書きます。大阪府山岳連盟「青雲会」所属・読図ナヴィゲーションスキル検定「シルバーレベル」・2018年「狩猟免許」取得・ランサーズ「認定ランサー」・フルマラソンベスト3時間29分。

\この記事はどうでしたか?/

-文具
-

© 2020 Takashi Blog Powered by AFFINGER5