登山靴 手入れ

ハウツー 山道具

元靴職人が教える、登山靴を最良に保つお手入れの方法

 登山靴を良い状態に保つには、日頃の手入れが欠かせない。

 登山靴は手入れを怠ると劣化が進み、本来の性能を発揮できなくなる。山中で靴ひもが切れたり底が剥がれたりすると、命の危険にさらされることもあるだろう。

 とはいえ、登山靴の手入れは難しそうで、履いたまま放置している人も多いかもしれない。登山靴はどのように手入れすればいいだろうか。

 ここでは、元靴メーカーの職人である私が、正しい登山靴の手入れ方法をご紹介しよう。

 トレランシューズやスニーカーにも応用できる内容なので、ぜひ参考にしてほしい。

目次

登山靴の手入れの基本は、湿気と汚れを取り除くこと

登山靴 手入れ
インソールを外して湿気を逃す。汚れを落とし、日陰で乾燥させるだけでも効果がある。

 登山靴に限らず、靴が劣化する要因は大きく3つある。まず原因を確認しておくことで、正しい対策ができるのだ。

  • 湿気
  • 汚れ
  • 靴底や内側、靴ひもの摩耗

 摩耗は靴底や靴の内側が擦り切れること。靴を履く以上、これは避けられない。だが、汚れや湿気による劣化は、手入れや保管に気をつけることで未然に防ぐことができる。特に注意したいのが湿気による劣化だ。

 靴を劣化させる大きな原因のひとつが、湿気による雑菌(カビ)の発生である。雑菌は靴に含まれる水分や汚れを栄養に繁殖する。革が使われている登山靴では、革そのものが栄養源となる。靴はいわば、雑菌の栄養の宝庫なのだ。

 雑菌が繁殖することで嫌な臭いを発し、靴の素材が侵食されてしまう。また、湿気がこもるとクッション材に使われるウレタン素材が、水分により分解を起こす(加水分解)。

 大切にしまっておいた、冠婚葬祭用の靴を靴箱から久しぶりに出したら、底がボロボロになっていた——。これは加水分解を引き起こす湿気が原因だ。

 以上のことから、靴の劣化を防ぐには、雑菌の繁殖の原因になる汚れと湿気を取り除けばいい、ということになる。

革製の登山靴には栄養補給を

登山靴 手入れ
革が使われている登山靴には、保革材入りの洗剤や撥水スプレー、靴クリームを用意しよう。

 登山靴には、革製の登山靴や化繊+革を使った登山靴がある。もし素材に革が使われている場合は、革の栄養補給も欠かせない。

 革は十分に栄養が補給され、しなやかさを保っている状態で最大限の仕事をする。栄養が足りなくなるとひび割れを起こし、強度が低下してしまう。

 それを防ぐには栄養補給が欠かせない。登山靴に使われる主な革は、オイルレザーとヌバックだ。それぞれ、革の種類に応じた保革材(クリーム)を用意しよう。

 次項から必要な道具や手入れの手順を詳しく解説する。

登山靴の手入れに必要なもの

登山靴 手入れ

 登山靴の手入れに入る前に、以下のものをそろえよう。

  • 登山靴専用クリーナーもしくは中性洗剤
  • 保革材(革が使われている登山靴には必要)
  • 撥水スプレー
  • 靴ブラシ
  • スポンジ
  • 布きれ
  • バケツ

 登山靴専用のクリーナーがあればベストだが、なければ中性洗剤でかまわない。革が使われている登山靴には、革の種類に応じた保革材(靴クリームなど)が必要だ。

靴用ブラシ

created by Rinker
MISTER MINIT(ミスターミニット)
¥1,100 (2020/06/01 12:21:20時点 Amazon調べ-詳細)

保革材入り靴用洗剤

created by Rinker
M.MOWBRAY(M.モゥブレィ)
¥1,650 (2020/06/02 11:44:38時点 Amazon調べ-詳細)

 保革材入りの靴用洗剤を用意すれば、革が使われている登山靴でも、革の栄養を損なわずに洗える。

革登山靴用クリーム

created by Rinker
columbus(コロンブス)
¥1,080 (2020/06/02 11:44:37時点 Amazon調べ-詳細)

 革製登山靴は、汚れを落とし、靴を乾燥させた後にクリームを塗布して栄養を補給しよう。

保革材入り撥水スプレー

 保革材入りの撥水スプレーは、革の栄養補給と撥水加工を同時にできて便利だ。

登山靴の手入れの手順

登山靴 手入れ

日常の手入れ

 まずは登山靴の日常の手入れの方法から。山行から帰宅したら、以下の手順で手入れをしよう。

  1. インソールと靴ひもをはずす
  2. ブラシでホコリや汚れを落とす
  3. 頑固な汚れはぬらした布で拭き取る
  4. 日陰で湿気を乾かす
  5. 撥水スプレーをふる

 まず、靴の湿気を開放するためにインソールを外す。これが重要だ。手入れしやすいように、面倒だが靴ひももはずしておこう。

登山靴 手入れ
靴ブラシで汚れやホコリを落とす。頑固な汚れは湿らせた布で拭き取ろう。

 ブラシで泥や汚れを丁寧に落とし、頑固な汚れは湿らせた布でふきとる。その後は日陰で十分に乾燥させる。このとき、直射日光に当ててはいけない。直射日光は素材を劣化させてしまう。

 よく乾燥させたら、最後に撥水スプレーをふっておく。ゴアテックスなどの防水透湿素材は、表面の撥水力があってこそ効果を発揮するからだ。

登山靴 手入れ

 撥水スプレーは、靴から30cmほど離し、靴全体にまんべんなくふる。その後15分ほど乾燥させればOKだ。

 撥水スプレーは人体に害のあるスプレーであるため、かならず屋外の換気のよい場所で使うこと。

登山靴を洗う

登山靴 手入れ
洗剤をつけた柔らかいスポンジで優しく洗う。

 上記の手入れだけでも十分だが、数日間の山行の後や、大雨で登山靴が浸水した場合などは登山靴を洗ってしまおう。または、山行の頻度にもよるが2ヶ月に1回程度洗っておけば、良い状態を保てるだろう。

 インソールや靴ひもを外し、ブラシで汚れを落とすのは日常の手入れと同じ。

  1. インソールや靴ひもをはずし、ブラシで汚れを落とす
  2. 専用クリーナーや中性洗剤で洗う
  3. 日陰で完全に乾かす
  4. 革に保革材をぬる
  5. 撥水スプレーをふる

 バケツに水を用意し、専用クリーナーや中性洗剤を用いてスポンジで洗う。靴の内部は洗剤をふくませた布で、軽く拭き取る程度で十分だ。

登山靴 手入れ
洗い終えた後は、陰干しで十分乾燥させよう。

 日陰で十分に乾かした後、革に保革材を塗布する。革の種類に応じた保革材を用意しておこう。最後に撥水スプレーをかけて完了だ。

登山靴の手入れと同時に確認したいポイント

登山靴 手入れ
靴底はつま先と踵が減りやすい。山行前にチェックしておこう。

 登山靴の手入れと同時に、次のポイントもチェックしておこう。

  • 靴底のすり減り
  • ウレタンの劣化
  • 靴ひも
  • 金属フック

 すり減った靴底はグリップ力が低下して危険である。登山靴の寿命は3年〜5年といわれており、大きくすり減っている場合は修理や買い替えを検討したい。

登山靴 手入れ
靴ひもや、金属フックの緩みも確認しておく。

 靴ひもの擦り切れや、金属フックの緩みも確認しておこう。

ウレタンソールの劣化の見極め方

登山靴 手入れ

 登山靴でよくあるトラブルが、ウレタンソールの劣化である。ウレタンは主に衝撃を吸収するミッドソールに用いられる。湿気や経年変化で劣化しやすく、加水分解を起こすと割れてしまう。

 ウレタンソールのチェック方法は、写真の登山靴全体を曲げることだ。ソールに細かいひび割れが広がれば、それは加水分解の前兆だ。

 山行中に底が割れたら危険である。山行の前後に必ずソールの状態をチェックしておきたい。

登山靴の正しい保管方法:靴箱は処分しよう

 登山靴は靴箱にしまわず、風通しの良い場所に直射日光をさけて保管しよう。

 冠婚葬祭用の靴を靴箱から久しぶりに出したら、底がボロボロに——。というのは、湿気が原因であると述べた。

 同様に、登山靴のソールも湿気により加水分解を起こしてしまう。そのため、湿気がこもる靴箱での保管はNGだ。私は登山靴を購入したときに、靴箱を店舗で処分してもらっている。

 靴に湿気は大敵。湿気を解放できるよう、風通しのよい場所に保管することが大切である。

登山靴の手入れまとめ

 登山靴を長持ちさせるには、日常の手入れが欠かせない。大切なことは、湿気を遠ざけ、汚れを落とすことである。

 手入れ方法はご紹介したように簡単なものだ。もし、山行後に登山靴を放置しているなら、この記事を参考に手入れしてみよう。

 履き心地もアップし、登山靴への愛着もより一層増すことだろう。

この記事で紹介したアイテム

created by Rinker
MISTER MINIT(ミスターミニット)
¥1,100 (2020/06/01 12:21:20時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
M.MOWBRAY(M.モゥブレィ)
¥1,650 (2020/06/02 11:44:38時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
columbus(コロンブス)
¥1,080 (2020/06/02 11:44:37時点 Amazon調べ-詳細)

Takashi

元靴メーカー勤務の職人、現在はWEBライターとしてアウトドア系メディアで執筆しています。靴業界での10年以上の経験、趣味のアウトドア経験を活かして書きます。大阪府山岳連盟「青雲会」所属・読図ナヴィゲーションスキル検定「シルバーレベル」・2018年「狩猟免許」取得・ランサーズ「認定ランサー」・フルマラソンベスト3時間29分。

\この記事はどうでしたか?/

-ハウツー, , 山道具
-

© 2020 Takashi Blog Powered by AFFINGER5