箕面の滝

旅レポ

大阪の名勝地『箕面の滝』で新緑の散策を楽しもう

2020年5月28日

 今年も新緑の季節がやってきた。初夏の陽光を背に、力強く輝く一面の緑はこの時期ならではの見物だ。

 阪急箕面駅から大阪の名勝地『箕面大滝』へと続く滝道が今、新緑の見頃を迎えている。

 ここでは、箕面大滝と新緑を楽しむ滝道散策をご紹介したい。

明治の森箕面国定公園と箕面大滝

箕面の滝

 大阪市北区の中心地、梅田から電車でアクセスすること約30分。大阪府北部、箕面山地の一帯に『明治の森箕面国定公園』が、面積9.63k㎡に渡って広がっている。

 箕面大滝を観光の中心とし、紅葉や新緑に映える渓谷美、天然記念物指定のニホンザル、多種の鳥類や昆虫類など、豊かな生態系を観察できるエリアだ。

 落差33mの名爆『箕面大滝』は日本の滝100選にも選出され、紅葉の見所でもあり毎年200万人以上の観光客が訪れる。

 その流れ落ちる滝の姿が、農具の『箕』に似ていることから箕面大滝と呼ばれるようになり、地名の由来もここから来ているという。

滝道

 箕面大滝へは、阪急箕面駅から片道2.8kmの滝道の利用がおすすめだ。箕面川に沿って整備された遊歩道が続き、川のせせらぎを聞きながら森林浴を楽しめる。箕面の滝周辺のハイキングコースは下記を参考に。

滝道散策

阪急箕面駅
箕面駅前にある箕面のシンボルスポット『ガレリア』。

 阪急箕面駅で準備を整え、出発する。さて人出はどうだろうか。

 緊急事態宣言が解除されたとはいえ、まだまだ油断ならない。平日ということもあってか、この日はまばらであった。

 駅付近には土産物屋が軒を連ねる。店先で揚げられる『紅葉の天ぷら』は箕面の名物だ。

 だが、やはりコロナ禍の影響により、まだ営業自粛を続ける店が少なくなかった。一刻も早い収束を願ってやまない。

滝道

 箕面温泉の足湯を通り過ぎ、橋を渡ると眩いばかりの緑が飛び込んできた。これだけ鮮やかな新緑は近年見た記憶がない。自粛生活で外出もままならなかった体が、緑の栄養を全身に浴びて喜んでいるのが分かる。

 「今日が箕面大滝の1年で、1番いいときなんじゃないか」

 妻とそんなことを話しながら、紅葉もいいが新緑もまた格別と、改めて箕面山の魅力に気がついた。

滝道
滝道のアジサイスポット。
滝道

 滝道は舗装された遊歩道で、歩きやすい服装であれば誰でも楽しめる。要所に休憩ポイントがあり、自動販売機や商店もある。ゆっくり歩いても片道50分ほど。ほどよい自然散策路である。

滝道
箕面の滝

 渓谷美を味わいながら歩いているうちに、あっという間に箕面大滝に到着した。

箕面の滝
新型コロナウイルスはまだ油断ならない。

 さて、歩き終えた後は小腹が空く。花より団子。滝の観賞はそこそこに屋台のメニューを物色する。

 箕面大滝のすぐ側の屋台では、鮎の塩焼きをはじめ、唐揚げやコロッケと定番メニューの他に、『箕面ビール』が並んでいる。その中からコロッケを選んだ。

 牛肉コロッケと柚子コロッケをひとつづつ。それぞれ200円なり。

 揚げたてサクサクのコロッケはおやつにちょうどいい。紅葉の天ぷらもいいが、こちらもおすすめ。さて、滝に癒され小腹も満たされた。そろそろ帰ろう。

 箕面大滝の他に、道中には箕面公園昆虫館や日本最古の弁財天をまつる瀧安寺など、見所も多い。大阪観光の際にはぜひ立ち寄りたいおすすめスポットである。

箕面の滝へのアクセス

  • 電車:阪急箕面線「箕面駅」下車 
  • バス:北大阪急行線「千里中央駅」から阪急バス(11番停留所)→「箕面」(箕面駅前)下車

関連記事

  • この記事を書いた人

Takashi

元靴メーカー勤務の職人、現在はWEBライターとしてアウトドア系メディアで執筆しています。靴業界での10年以上の経験、趣味のアウトドア経験を活かして書きます。大阪府山岳連盟「青雲会」所属・読図ナヴィゲーションスキル検定「シルバーレベル」・2018年「狩猟免許」取得・ランサーズ「認定ランサー」・フルマラソンベスト3時間29分。

\この記事はどうでしたか?/

-旅レポ
-

© 2020 Takashi Blog Powered by AFFINGER5